« セリーグ ヤクルト対巨人(8/20) | トップページ | トップリーグ1stステージ第1節 パナソニック対東芝 »

練習試合 ヤクルト対ソフトバンク(8/22)

2014.8.22(金) 13時 戸田
H 000100000 1
S 001120000 4
(練習試合のため、9回裏も実施)

ソフトバンクホークスを戸田に迎えての練習試合。
ただしホークスは今週末、1軍も2軍も試合が組まれていて、やって来たのは3軍。10日ほど関東に滞在して、主に大学の野球部と練習試合をするらしい。そのツアーの一環。
それにしても、育成主体だから年俸は安いとはいえ、3チーム目をきっちり編成して、九州から関東遠征までしてしまう財力は、正直羨ましい。スワローズにそこまでやって欲しいとは必ずしも思わないが、いくらなんでもあんまりな感じがする、昨今のスワローズの貧して鈍してる体たらくを見ていると。

先発はうちが赤川で向こうは大場。大場って、こんな所に居るんだ、と思ったが、納得できるピッチングだった。5回まで投げて5暴投。3回4回と暴投絡みで、うちが1点づつ得点し、5回には川上のスリーベースを荒木がタイムリーで返し、さらに暴投が絡んだ末に松井のタイムリーで4点目。大場はこの回まで。
赤川は、こんな試合で投げさせるピッチャーか?と思うんだが(ホークスの先発打線は9人中7人が育成選手)、貫禄を見せたのは2回までで、3回には連打を浴びてピンチになったし、4回には元DeNA細山田(彼が4番を打ってるってことは、そういうレベルの打線ということだと思う)の巧いヒットで無死1-3塁から宮崎駿(そういう選手が育成で居る)の内野ゴロ、ゲッツー崩れの間に失点。まあ、5回6回は立ち直ったんだけど、やっぱり不安定感がつきまとう。
7回8回に登板した「うちの」大場も、失点はしなかったがコンスタントにヒットを打たれていた。最終回の七條は、三者凡退で、さすがに貫禄を感じさせたが…。

で、まあ、試合は4対1でスワローズが勝ったんだけど、6回からホークスが投入した坂田に対しては、タカノリの1安打だけと抑え込まれたし、3軍相手にこんなもん?、という感じは否めない試合だった。なんたって、うちの打線の編成は、日頃のイースタン公式戦と大差ないメンバーだったんだから。でも、こんなもんでも、イースタンではそこそこ勝ててはいるんだよな。実はホークスの3軍がそこそこ強いということなのかねえ。先発投手は論外だったにしても…。
20140822kyujo
20140822flag
20140822seibi
20140822board

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(8/20) | トップページ | トップリーグ1stステージ第1節 パナソニック対東芝 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60194703

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 ヤクルト対ソフトバンク(8/22):

« セリーグ ヤクルト対巨人(8/20) | トップページ | トップリーグ1stステージ第1節 パナソニック対東芝 »