« セリーグ ヤクルト対中日(8/2) | トップページ | J1リーグ第19節名古屋対鹿島 »

セリーグ ヤクルト対阪神(8/6)

2014.8.6(水) 18時 神宮
T 000120003 6
S 02100400X 7
[勝]松岡、[敗]岩田
[本]S:バレンティン(岩田)

6時40分頃着で2回が終わるとこ。2回の2点先制は見れんかったが、3回裏のバレンティンのでっかいホームランは見れた。これで3対0。
しかし3回までパーフェクトだった先発の石山が、4回に入ると突然打たれ始める。いい当たりを連発されながら、それでも4回はマートンの犠飛の1点で凌いだが、5回も止まらない。上本の犠飛と今成のタイムリーで同点。
さらに6回は松岡が登板して、いきなり無死1-2塁のピンチ。でもここで福留を遊ゴロゲッツーに取って、凌げたのが大きかった。
6回裏、立ち直りかけていた阪神先発の岩田から、代打の上田がヒットで出て、山田がツーベースで返して勝ち越し。四球の後、川端のツーベースで2点、さらに雄平のタイムリーでもう1点で、この回一気に4点。
そのままの点差で最終回のピッチャーは、8回から続投の木谷だったが、ヒットと四球で無死1-2塁にしてトニーに交代。トニーは1死取った後、四球で満塁。今成に2点タイムリーを打たれて2点差。鳥谷は遊ゴロに取ったが1点入って1点差。しかもランナー3塁でゴメス。
しかし、なんとかゴメスを三振に取って逃げ切った。

楽勝のはずが、一転、みたいな勝ち方。まあしょうがないけどさ。うちのリリーフ陣だし。
しかし、そろそろ石山に勝ち星を、と思っていたけど、今日は完全に自滅してた感じ。ここまで勝てないのは、運だけでなくて、やっぱり本人の問題もあるわけで、一度、先発から外した方がいいかもしれない。ただ、代わりがねえ…。
それにしても、本当に山田はエラいわ。 尊敬したいくらいだな。
20140806kyujo
20140806stand
20140806board

|

« セリーグ ヤクルト対中日(8/2) | トップページ | J1リーグ第19節名古屋対鹿島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60114937

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(8/6):

« セリーグ ヤクルト対中日(8/2) | トップページ | J1リーグ第19節名古屋対鹿島 »