« セリーグ ヤクルト対阪神(8/6) | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/9) »

J1リーグ第19節名古屋対鹿島

2014.8.9(土) 19時 豊田スタジアム
観客 16369人 主審 福島孝一郎 副審 相葉忠臣、村井良輔

 名古屋グランパス 2(1−1)3 鹿島アントラーズ
            (1-2)

 得点 25分 名古屋・永井
    42分 鹿島・山本
    47分 名古屋・ケネディ(PK)
    82分 鹿島・ダヴィ
    90分 鹿島・遠藤

JSPORTSの生中継で見てた。

名古屋はツリオとジョシュアが復帰して、見た目はまあまあ面子が揃ったスタメン。だからと言って劇的に試合運びが良くなったわけでもなかったが、割と落ち着いた試合運びが出来てたようには思った。前半半ばに、速い展開から、貴章のクロスに永井が飛び込んで先制点を上げたのも、試合展開を考えると、それほど意外でもなかった。
確かに前にジョシュアが居れば前線に安定したポイントが作れるし、ツリオが後ろに居れば、積極的なディフェンスでワンテンポ速くクリア出来るんだな。
鹿島にぱかぱかシュートを打たれても、打たせて捕る守備も機能していたし。ナラも大きいセーブがふたつあって、好調そうだった。
でも前半終盤に、ディフェンスが乱れて失点して同点になっちゃった。もったいない失点だった。

それでも後半頭にレアンドロドミンゲスが倒されPK。ジョシュアが決めて、再度勝ち越し。正直、あれでPK?、とは思ったんだけど、まあ、貰えるものは…。
結構早い時点で、ジョシュアを直志に代えて守りに入ったが、ツキはあるみたいだし、このまま逃げ切れるか?と思い始めた終盤に、牟田のクリアをダヴィにチャージされて、こぼれ球にナラが飛び出したが、先にダヴィに蹴り込まれて同点。
PKで貰った勝越し点だったし、引分けでも仕方ないかと思ってはみたものの、この展開で引分けて終わると考えるのは甘かったわ。ロスタイム寸前にダニウソンのクリアが相手に渡った所から、素早くシュートに持ち込まれ、決勝ゴールを食らって敗戦。

元々、勝てるとはあんまり思ってなかったが、鹿島にそんなに迫力があったわけでもないし、守備ミスふたつで2失点して同点+勝ち越されだから、かなりがっくり来る結末だったのは確か。
こういう所で勝ち点を拾えないと、苦しくなるばっかりだよな。

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(8/6) | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/9) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60202105

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第19節名古屋対鹿島:

« セリーグ ヤクルト対阪神(8/6) | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/9) »