« 練習試合 ヤクルト対ソフトバンク(8/23) | トップページ | 練習試合 ヤクルト対釜石 »

J1リーグ第21節名古屋対柏

2014.8.23(土) 19時 豊田スタジアム
観客 15124人 主審 松尾一 副審 相楽亨、平間亮

 名古屋グランパス 1(1−0)1 柏レイソル
            (0-1)

 得点 25分 名古屋・闘莉王
    84分 柏・太田

今朝、早々にJSPORTSでやってた録画中継で見た。試合結果は知らなかった。

ジョシュア1トップで、トップ下レアンドロドミンゲス。左右に永井と川又という攻撃布陣は、見た目、随分すっきりしていたし、実際機能もしてたと思う。前の方がすっきりした結果として、中盤から後ろも、役割分担がはっきりして、落ち着きが出ていたような気がする。今年一番、安定感があったように思えた。

レイソルの方が効率的にシュートへ持って行ってるなという感じはあったけど、名古屋も特に永井が頑張って走っていて、よくシュートまで繋げていた。開始25分にレアンドロドミンゲスのCKからツリオが頭で合わせ、クロスバーで跳ね返ったのを、さらにツリオが押し込んで先制。
前半はそれでも五分五分な感じだったと思うけど、後半に入ると、レイソルがだんだん元気がなくなってきたように見えたし、名古屋のチャンスの方がずっと多かったと思う。ここでもやっぱり永井が目立ってた。移籍加入後2試合目の川又は、よく動いていたけど、やっぱりまだちょっと噛み合ってなくて、空回り気味だったかな。2点目は取れなかったんだけど、柏に可能性が薄くなっているように見えたから、なんとなく安心して見てたんだけど、80分過ぎに、バックラインから押し上げてきたエドゥアルドからのパスがラインの裏へ出た高山に通ってしまい、決定的なシュートを打たれる。ナラがはじいたけれども、レイソルに拾われて、逆サイドの太田にシュートを打たれて同点。
終了間際、松田が右サイドで抜けて中央の川又へ出し、川又が永井に流して、打った決定的なシュートはGKに防がれた。選手が茫然としてたけど、俺も茫然としてたわ(^^;。

で、引分け。あそこまで行っても、今年の豊スタでは勝てないのか、という感じ。
内容自体は悪くなかったと思うんだけど、気分的にはなあ…。
永井は、よく頑張ってるんだけど、どうもゴール運から見放されてるみたいな…。レアンドロドミンゲスは、もう問題ないと思うが、川又はフィットまでどれくらいかかるか。その辺かねえ。まあ、川又は、フィットしないんなら、松田でもそんなに大差ないんじゃないかという気がするんだけど、どうなのかな。
で、こういう形でやっていくんなら、やっぱり玉田の居場所はなさそうに思えるんだが…。
(2014.8.24)

|

« 練習試合 ヤクルト対ソフトバンク(8/23) | トップページ | 練習試合 ヤクルト対釜石 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60202170

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第21節名古屋対柏:

« 練習試合 ヤクルト対ソフトバンク(8/23) | トップページ | 練習試合 ヤクルト対釜石 »