« J1リーグ第23節横浜対名古屋 | トップページ | J1リーグ第24節名古屋対甲府 »

セリーグ ヤクルト対阪神(9/17)

2014.9.17(水) 18時 神宮
T 201000011 5
S 000000000 0
[敗]杉浦、[勝]能見

3回表に到着。

うちの先発・杉浦が初回に2失点。3回もヒット2本で失点。先週の水曜ほどの安定感はないように見えたが、4-5回は結構良かった。でも6回に四球とツーベースで、いきなり無死1-2塁だから、やっぱり6回以降、長い回は不安な感じ。結局無死満塁にして中澤に代わったが、中澤が後続を抑えて追加点を許さず。中澤って、加入以来、今が一番輝いてるような気がする?
しかし打線が能見に抑え込まれた。4回裏にバレンティンと雄平の連打で作った1死1-2塁、多分、今日最大のチャンスも畠山ゲッツー。
8回は山哲→秋吉、9回はマツケンでそれぞれ1失点。打線は9回に登板した阪神・2番手の安藤も打てず、3塁も踏めない0対5の完封負け。

チームの気力が違った感じ。守備でも、阪神の野手はファインプレー連発だったし、うちはエラーにはならなくても、凡庸なプレーが目立ったし、そういう所でも点差がついた。目標が残ってるかどうかの違いかねえ。
20140917kyujo
20140917stand
20140917board

|

« J1リーグ第23節横浜対名古屋 | トップページ | J1リーグ第24節名古屋対甲府 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60332839

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(9/17):

« J1リーグ第23節横浜対名古屋 | トップページ | J1リーグ第24節名古屋対甲府 »