« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/3) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/5) »

セリーグ ヤクルト対中日(9/3)

2014.9.3(水) 18時 神宮
D 010100100 3
S 00020410X 7
[勝]徳山、[敗]田島
[H]S:川端(朝倉)、雄平(朝倉)、畠山(武藤)、D高橋周(松岡)

戸田から転戦して神宮。

先発はうちが徳山、中日が朝倉。
徳山は、1軍に上がっては失敗して2軍に落ちるというイメージがあって、もしかして1軍で1勝もしてないかも、とは思ってたんだけど、本当にそうだった。
今日も2回、4回と失点して2点先行され、内容的にもボール先行で苦しいピッチングだったから、今日もダメかもと思ったんだが、大崩れせずに踏みとどまってはいた。でも、打線が朝倉に完璧に押さえ込まれていたので、厳しいなあ、という感じだった。
でも4回に、先頭の川端がライトへホームランを打ち込む。今日のスワローズの初ヒットがホームラン。さらに1死後、雄平が同じようなコースにもう一発であっさり同点。
負けが消えて、徳山は調子が出たみたいだった。5回を抑え、その裏に打順が回った所で交代かと思ったんだが、続投。大丈夫かなと思ったが、6回は三者凡退に抑えた。
で、その裏、中日が投手を田島に代えたんだが、これがボロボロで(^^;。いきなり3連続四球で満塁。ここで雄平が2点タイムリー。さらに飯原の三ゴロをルナがはじいて追加点。バレンティンの犠飛でさらに1点で一気に4点差。
徳山は勝利投手の権利を得て、ここで交代。7回はマツケン。いきなり高橋周平にホームランを食らうが、なんとか1点にとどめると、その裏、畠山のホームランが飛び出して(左飛かと思ったが、意外に伸びた(^^;)、また4点差。
8回は秋吉、9回はトニーが0点で抑え、7-3で勝利。徳山がプロ入り初勝利を挙げた。

徳山はここに来るまで苦労したなあと思うんで、嬉しかった。ヒーローインタビューは、ほろりとしたよ。
20140903kyujo2
20140903board2

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/3) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/5) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60266656

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(9/3):

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/3) | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/5) »