« セリーグ ヤクルト対巨人(9/5) | トップページ | 天皇杯4回戦名古屋対群馬 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(9/6)

2014.9.6(土) 13時 ロッテ浦和
S 000031010 5
M 200001010 4
[勝]古野、[S]阿部、[敗]植松
[H]M:神戸(古野)

先発はうちが古野で、ロッテは植松。
古野はシーズン序盤先発ローテに入って、割と活躍してたが、その時は見る機会がなく、初めて見た日に、試合の途中から入ったら、目の前では一死も取れずに炎上。その時に2軍に落ちて、確か、それっきり見てない。俺には縁が薄くて、相性も悪い印象があった。その印象そのままに初回の4連打であっさり2失点。しかし2回に無死1塁をゲッツーで切り抜けると、ちょっと調子を上げたみたいになった。
うちの打線は、4回に先頭の荒木がツーベース。後続が打ち取られて2死になった所で、新田がセンターへの浅い飛球でポテンヒット。まず1点。さらにヒットと四球で満塁になり、又野のセンター前へ打ち返す点タイムリーで逆転。5回にもツーベースで出た西浦を、松井がポテンヒットで還して4-2。しかし、その裏、古野は神戸にライトへのホームランをドスンと打ち込まれてまた1点差。古野は6回まで投げて、被安打8の3失点。良かったと褒めるほどの内容でもなかった印象。まあまあってとこ。
真田が7回を無失点に抑えた後、8回表に四球で出た岩村が、今浪のツーベースと田中雅の犠飛で還って、また2点差。しかしその裏、カーペンターが登板。いきなり2四球と相変わらず。ゲッツーで2死3塁に変わり、なんとかしのいだかと思ったが、青松にタイムリーを打たれ1点差。さらに塀内ヒットとピンチが広がった。ここで吉田には左中間に強い当りを打たれたが、レフトの守備範囲で何とか逃げ切った。
で、9回は阿部健が登板し、3人で片付けて試合終了。

率直な感想としては、カーペンターはもう勘弁して、という所で(^^;。
あと、今の古野は、1軍で使うのはちょっと不安だね。来年の構想固めとかもあるから、一度くらいはテスト登板があるかもしれないが。1軍のローテで結構好投してた時の感触を、取り戻せればいいんだけど。
20140906kyujo
20140906board

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(9/5) | トップページ | 天皇杯4回戦名古屋対群馬 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60272904

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(9/6):

« セリーグ ヤクルト対巨人(9/5) | トップページ | 天皇杯4回戦名古屋対群馬 »