« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(9/13) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/17) »

J1リーグ第23節横浜対名古屋

2014.9.13(土) 19時 日産スタジアム
観客 25045人 主審 山本雄大 副審 唐紙学志、山際将史

 横浜F・マリノス 0(0−1)2 名古屋グランパス
            (0-1)

 得点 35分 名古屋・川又
    48分 名古屋・永井

ふた月ぶりにグランパスの試合を現地観戦。

前半は、引き気味なのか押され気味なのか分からんけど、結果的にはマリノスのスペースを潰して、うまく守れてた感じ。矢野の右サイドを弱いと見たか、齋藤学を軸に執拗に攻めてきたけど、矢田が下がって2枚で守る形になると、この2人がそんなにうまく連携してなくても、とりあえずコースは潰せたし、好きなようにはやらせなかった。
攻撃はなかなかうまく行かなくて、1トップの川又にほとんどボールが渡らなかったが、30分過ぎに矢田が中央突破して左サイドの永井にパスを通し、永井がゴール前逆サイドの川又へ送ると、このワンチャンスをきっちり物にしてくれた。素晴らしい。
1対0で、前半は申し分なく終了。

で、後半の立ち上がり、レアンドロ ドミンゲスから出た気の利いたパスが最初の起点だったと記憶してるんだけど、永井のシュートが生まれ、防がれたのを川又、再度防がれたのに永井が詰めて2点目。
この試合、勝てんじゃねえの?と思ったけど、なんせ時間が早かったから(^^;)
ただ、その後も引きすぎず、ペースを保った試合を続けたので、そう簡単にはやられないなという安心感ぽいのはあったよ。
ちなみに、もしかすると、左サイドへのマリノスの攻めがイマイチ機能してなかったのは、マリノスの藤本ジュンゴが消えてたせいかもしれない(^^;)。
ジュンゴが後半15分過ぎあたりに交代してからは、次第に左サイドへの攻撃がキツくなって、本多があっぷあっぷし始めた気配が…。この辺の流れから齋藤のポスト直撃シュートもあったりして、かなりヒヤヒヤしたが、ディフェンスがきっちり追いすがって、マリノスに余裕のあるシュートを打たせてなかった様子はあった。要所で田口やダニウソンがきっちりカットして、守備に貢献してた印象も強い。
で、そのまま逃げ切り。快勝だったと思う。

しかし、ビジターだと、こういう試合が出来るんだけどねえ(^^;) なぜホームでは…。
なにはともあれ、川又の加入は相当デカそう。これなら、ジョシュアがいなくても、十分やれると思う。加入の効果は、レアンドロドミンゲス以上じゃないかなあ。
レアンドロドミンゲスも、かなりフィットはしてきてるしね。なんというか、彼一人が目立つという形ではなく、うまく廻りとかみ合い始めてるという感じ。
ちょっと、この勝ちをきっかけに勢いに乗りたい所だよな。
20140914stadium
20140913board2
20140913aisatu

|

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(9/13) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/17) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60310734

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第23節横浜対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(9/13) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/17) »