« J1リーグ第26節名古屋対新潟 | トップページ | J1リーグ第27節神戸対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対巨人(10/1)

2014.10.1(水) 18時 神宮
G 000010000 1
S 00010100X 2
[勝]杉浦、[S]秋吉、[敗]田原誠
[H]G:井端(杉浦)

3回裏から。6時40分過ぎだったんだが、さすが消化試合だけあってペースが速い。

先発はうちが杉浦で巨人が今村。4回裏に雄平のヒットの後、西田、谷内の連打で1点先制。でも5回表に杉浦が井端にホームランを食らって同点。どうも杉浦はホームランが多い気がする。ただ、打たれたホームランは確か全部ソロだよね。その辺は計算して、大火傷しないように投げてるということか? ボールが先行しがちだったが、慌てる気配もなく、淡々と打ち取っていくピッチングは、ベテラン投手のよう。結局、今日は7回1失点で、ここまで4回の1軍登板で、ベストの内容だったんでは。まあ、消化試合で相手が淡白というのは、割り引いて考えるにしても、来年、ある程度は計算出来るかな、という気はした。
打線は6回に先頭の畠山がヒットで出て、代走上田。次の雄平の所で、三振ゲッツーになりかけたが、キャッチャー鬼屋敷の2塁悪送球で一気に1死3塁。飯原が犠飛を上げて勝ち越し。
8回表登板の山哲は雄平のエラーなどで1死1-2塁で秋吉に交代したが、秋吉は後続を断ち、そのまま9回も三者三振で締めた。

試合時間は2時間43分の速い試合だった。さすがに消化試合。巨人の面子や試合運びを見ても、明らかにそうなんで、勝ったといってもね、とは思う。負けるよりはいいけれど。
まあ、勝ったことより、杉浦の好投が良かった。でも、山田の当たりは止まっちゃったな。
20141001kyujo
20141001stand
20141001board

|

« J1リーグ第26節名古屋対新潟 | トップページ | J1リーグ第27節神戸対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60422256

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(10/1):

« J1リーグ第26節名古屋対新潟 | トップページ | J1リーグ第27節神戸対名古屋 »