« トップリーグ1stステージ第7節 リコー対トヨタ | トップページ | J1リーグ第29節名古屋対仙台 »

トップリーグ1stステージ第7節 サントリー対NTTドコモ

2014.10.19(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 サントリーサンゴリアス 61(14−12)12 NTTドコモレッドハリケーンズ
            (47-0)  

秩父宮第2試合。こちらは2ndステージはもう決まっている両チームの対戦。グループ最下位のドコモ相手なら、サントリーの圧勝かと思ってたが…。

開始3分で先制したのはドコモ。速攻が決まってミフィポセチがトライ。
直後の5分にサントリーがあっさりインゴールに入ったんだが、ドコモのディフェンスが食らいついていて、主審がグラウンディング出来なかったという判定を下して、得点成らず。
サントリーは、これがサントリーか?と思うような、ミス続出、連携バラバラの試合運びで、22分にドコモが鮮やかなパスワークからトライを決めて0-12と突き放したから、これはもしかして番狂わせがあるのか?と思った。ドコモはスピード感はあるし、アイディアを感じさせる球出しやパスワークもあって、見ていて面白くて、事前の予想を申し訳なく思ったくらいだった。
ところが32分にドコモのFLが、サントリーの攻撃を故意の反則で止めてシンビン。これで一気に流れが変わってしまった。サントリーの反撃が始まり、34分にトゥシ・ピシがスルスルっと抜け出して中央にトライ。38分にもパスワークから村田がトライであっさり逆転。
後半も流れは変わらず、2分にまたトゥシ・ピシのトライ。チームが機能不全に陥っていても、彼一人で流れを変えてしまえるってのが、サントリーにとっては大きいなと思った。しかも、そうやって反撃の流れを作っているうちに、チームも乗って来る。このタイミングでドコモは15人に戻ったが、勢いづいたサントリーを止めることは出来なかった。この後はサントリーが一方的に攻める展開。35分頃に一度だけドコモが、モールでインゴール寸前まで押し込んだんだが、ここも凌がれた。
結局61-12でサントリーが大勝。

まあ、終わってみれば、事前の想像通りではあったんだけど、前半を楽しませてくれたから、いいやと思った>ドコモ。
20141019board2
20141019main
20141019docomo

|

« トップリーグ1stステージ第7節 リコー対トヨタ | トップページ | J1リーグ第29節名古屋対仙台 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60549762

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ1stステージ第7節 サントリー対NTTドコモ:

« トップリーグ1stステージ第7節 リコー対トヨタ | トップページ | J1リーグ第29節名古屋対仙台 »