« J1リーグ第27節神戸対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(10/7) »

セリーグ ヤクルト対DeNA(10/6)

2014.10.6(日) 18時 神宮
B 300020001 6
S 00300004X 7
[勝]中澤、[S]秋吉、[敗]山口
[H]S:雄平(モスコーソ)、山田(山口)、B:筒香(石山)

台風が抜けた後のナイトゲーム。初回から観戦。1軍の試合を最初から見るのは、今年最後。Passionの試合前のパフォーマンスも、今年は見納め(^^;。

先発はうちが石山でDeNAがモスコーソ。石山が初回、グリエルのタイムリーと筒香のツーランで、あっという間に3失点。ただ、モスコーソも最初からかなりへたれたピッチングで、3回に畠山のタイムリーと雄平のツーランで追いついた。
2回以降の石山は立ち直ったぽい気配があったんだけど、5回にヒットと四球2つで満塁にした後、2死から一ゴロを打たせものの、ベースカバーに入って畠山の送球を取り損ねる自分のエラーで2失点。勝ち越されて降板。以降は、山哲、中澤とつないだ。
打線は6回以降は山口に抑えられてたが、8回にサード(グリエル)エラー、死球、四球で1死満塁として山田。ここで山田が満塁ホームランで逆転。これは右打ち日本人打者のシーズン最多安打記録のヒットでもあって、持ってるねえという感じ。
もっとも、正直言って、「日本人打者」という限定付きの記録に、どれだけ意味があるんだろうとは、思わないでもない。しかも彼の上にいるひとりは、うちに居た時のラミレスだと思うとさ。
それはともかく、2点勝ち越して9回表に秋吉が登板したが、川端の今日2個目のエラーをきっかけにピンチを背負って1失点。さらに2死1-2塁となったが、石川を二ゴロに打ち取って、なんとか終わらせた。

勝って良かったけど、ぐだぐだな所があり過ぎて、結局、山田の最多安打で盛り上げただけの試合という気もして、ちょっと後味は良くなかったと思う。結局、今年はなにもかも山田頼みかよ、みたいな感じで。
20141006kyujo
20141006stand
20141006yamada
20141006board

|

« J1リーグ第27節神戸対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(10/7) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60457690

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(10/6):

« J1リーグ第27節神戸対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(10/7) »