« トップイースト1部日野自動車対秋田ノーザンブレッツ | トップページ | トップイースト1部釜石対ヤクルト »

J1リーグ第30節徳島対名古屋

2014.10.26(日) 19時 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
観客 8094人 主審 扇谷健司 副審 大塚晴弘、宮部範久

 徳島ヴォルティス 0(0−0)2 名古屋グランパス
           (0-2)

 得点 78分 名古屋・田鍋
    82分 名古屋・ダニルソン(FK直接)

JSPORTSの録画中継の録画を1週(2節)遅れで見た。結果は知っていた。

名古屋は前節出場停止だったダニウソンが戻ったけど、今度は永井が累積警告で出場停止。松田がFW、田鍋が右サイド、矢田が左サイド。
相変わらず、なかなか得点出来ない展開。ただ、広島戦、仙台戦はフィニッシュの問題に見えたけど、この試合はそれ以前に、引いて守る徳島を崩せてなかった感じ。失点しそうな雰囲気はあんまりないが、得点の雰囲気もあんまりなく。
後半序盤に松田を小川に代えたが、大した効果も見られず、最後の手段でツリオをトップ下に上げた。
そうすると75分過ぎに最終ラインからの貴章のロングボールをツリオが合わせて右外の田鍋に振って、田鍋が一気に駆け上がってシュートして先制ゴール。
さすがツリオと言うしかない(^^;)
5分くらい後には、ゴール正面のFKをダニウソンが直接ゴールへ放り込む。ダニウソンのFKが枠に飛んだよ(゜∇゜)
で、2対0で勝利。絶対勝たなきゃいけない試合を、もたつきながらも、きっちり勝ったんで、まあ良かった、という試合だったと思う。

ダニウソンは、今年はなにげにいくらかうまくなってるんじゃないかと、ちょっと思ってるが、FKはらしくなかったな。枠に飛んだだけじゃなく(^^;)、ドカンという弾道じゃなかったものな。

でも次の試合はダニウソンと田口の両ボランチが累積警告で出場停止。どうなることやらと心配になるとこだが、もう終わってるんでね(^^;)
(2014.11.6)

|

« トップイースト1部日野自動車対秋田ノーザンブレッツ | トップページ | トップイースト1部釜石対ヤクルト »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60681101

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節徳島対名古屋:

« トップイースト1部日野自動車対秋田ノーザンブレッツ | トップページ | トップイースト1部釜石対ヤクルト »