« 感想「殺し屋の息子」 | トップページ | J1リーグ第28節広島対名古屋 »

トマス・ペリー

邦訳のみのリスト。単独作は一通り読み終えたので、まとめてみた。
1995年までの作品は全て邦訳が出て、その後は邦訳が途絶えているが、以降も本国ではコンスタントに新作が出ている(というより、1995年以降の方が、新作が出ているペースは速い)。1996年以降、しばらくの間、ジェーン・ホワイトフィールドものが中心だったようだけど、「蒸発請負人」が、多分、日本ではあまり好評ではなくて、1作きりで終ってしまったのが影響しているんだろうな。
印象としては、「アイランド」がピカイチという気はしないでもないが、もしかしたら、未訳の中にも傑作がある?

「逃げる殺し屋」 The Butcher's Boy(1982) 文春文庫 *
「メッツガーの犬」 Metzger's Dog(1983) 文春文庫
「ビッグ・フィッシュ」 Big Fish(1985) 文春文庫
「アイランド」 Island(1987) 文春文庫
「殺し屋の息子」  Sleeping Dogs(1992) 福武書店 *
「蒸発請負人」  Vanishing Act(1995) 講談社文庫 #

*:ブッチャーズ・ボーイもの
#:ジェーン・ホワイトフィールドもの

クライブ・カッスラーとの共著
「蛮族王アッティラの秘宝を探せ!」 (2012)  ソフトバンク文庫

オフィシャルサイト

|

« 感想「殺し屋の息子」 | トップページ | J1リーグ第28節広島対名古屋 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60470427

この記事へのトラックバック一覧です: トマス・ペリー:

« 感想「殺し屋の息子」 | トップページ | J1リーグ第28節広島対名古屋 »