« トップリーグ2ndステージ第5節 NEC対NTTドコモ | トップページ | 感想「眠りなき狙撃者」 »

トップリーグ2ndステージ第5節 クボタ対リコー

2014.12.28(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 クボタスピアーズ 26(7−15)28 リコーブラックラムズ
         (19-13)  

立上りはクボタの方が勢いがあって押し込んでたが、詰めが甘くて、取り切れない。逆にリコーが7分に、カウンター気味の攻撃から先制のトライ。19分にもPGで追加点。クボタは25分にトライを返したものの、いまいち決め手を欠いた状態は変わらないままで、前半終了間際には、リコーの11番がうまく持ち込んでトライ。全体的に押され気味で、ラインアウトもかなり出来が悪くて、劣勢だったように見えたリコーが、7対15とリードして折返し。
後半に入って、クボタがじわじわ追い上げたが、その都度、リコーが突き放し、21分にはリコーっぽくない(^^;綺麗なパスワークでトライを決めて14対25まで広げた。これはリコーが勝ったかなと思ったが、そこからクボタが反撃。26分、31分とトライを続けて、ついに26対25と逆転。こうなっちゃえば、元々優勢だったクボタが有利と思ったんだが、36分にクボタが自陣内のスクラムでコラプシングを取られる。これでリコーのPGが決まって26対28と再逆転。
しかしまあ、なんせリコーなんで(^^;、もう一波乱あるんじゃないかと思って見ているとやっぱりで、パスカットされて、自陣ゴール前までクボタに攻め込まれ、逆転負けもありうる状態に。でも、リコーはここを耐えて、逃げ切った。

劣勢だったリコーが、よく勝ったなという印象。先週のドコモ戦の方が、よっぽど勝てそうな試合だったのに、わからないもので。きっちりトライを取り切れていたのが良かったのは確かで、その辺は対戦相手のしぶとさの違いということかもしれない。クボタは、攻撃についても、優勢なんだから、そのまま押し込んでいけば、という場面で、変に小細工してチャンスを潰す場面が目立った気がする。手堅くPGを狙って、結局失敗した所もあった。元々、淡泊なイメージのあるチームだけど、相変わらず、ということかな。
20141228board2
20141228end2
20141228pitch2

|

« トップリーグ2ndステージ第5節 NEC対NTTドコモ | トップページ | 感想「眠りなき狙撃者」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60885085

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ2ndステージ第5節 クボタ対リコー:

« トップリーグ2ndステージ第5節 NEC対NTTドコモ | トップページ | 感想「眠りなき狙撃者」 »