« ワイルドカードトーナメント1回戦 サントリー対近鉄 | トップページ | 感想「The Japanese Corpse」 »

トップリーグプレーオフトーナメント セミファイナル 東芝対パナソニック

2015.1.25(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 東芝ブレイブルーパス 15(3−37)50 パナソニックワイルドナイツ
             (12-13) 

今年リーグ戦を見てきた印象だと、パナの方が優位としか思えなかったが、東芝もパナには特別な意識があって、いつも以上の気合いが入るらしく、リーグ戦では勝っていたから、いい試合になるかもと思ってたが、びっくりするくらい一方的な試合だった。

バックスのスピードを生かしたパナの多彩な攻撃に、東芝はまるで対応出来ずに失点を重ね、攻めては、ラインアウトやモールの失敗でボールを失い、そこからまたカウンターを食らう。前半は3対37で、しかも内容に見合った点差。
後半の東芝は前半より多少は落ち着いて、形を作れる場面もあったし、パナがメンツを落として来たこともあって、前半ほど一方的な試合ではなかったけど、それでもパナの優位は動かなかった。それでも、20分過ぎに東芝がペナルティトライ、しかもパナの1番がシンビンで、東芝が数的優位。この時点で15対40だったから、追い上げるにしても、点差があり過ぎるし、時間は足りないけど、少しはいい試合になるか?と思ったが、結局、そこから点を積んだのはパナの方。15対50で終了。パナの完勝。

東芝は、メンバーが落ちてたりするにしても(パナは多分ベストメンバー)、ここまでの点差はさすがに実力の差というしかない気がする。個人の奮闘(多分に空回りも目立ったが)ばかりで、チームとしても機能していなかったし。
ただ、見ていてつまらなくはない試合だった。パナの出来が素晴らしかったんで。個人の力も高いし、チームとしても噛み合っていて華やかだった。

問題は来週、ヤマハがこのパナ相手に、ファイナルに値する試合が出来るのか?ということなんだが…。
20150125board
20150125pitch
20150125end

|

« ワイルドカードトーナメント1回戦 サントリー対近鉄 | トップページ | 感想「The Japanese Corpse」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61060696

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグプレーオフトーナメント セミファイナル 東芝対パナソニック:

« ワイルドカードトーナメント1回戦 サントリー対近鉄 | トップページ | 感想「The Japanese Corpse」 »