« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

日本選手権決勝 ヤマハ対サントリー

2015.2.28(土) 14時 秩父宮ラグビー場

 ヤマハ発動機ジュビロ 15(15−3)3 サントリーサンゴリアス
              (0-0)  

チーム力が拮抗してそうで、割といい試合になるんじゃないかと思って見に行った。

立上りはヤマハが優勢。ペナルティでもショットを選択せずに、タッチへ蹴ってどんどん攻める。その勢いで、7分にラインアウトからの流れでヤマハがトライで先制。
そうかと思えば、13分には10mラインの内側でショットを選択。遠い距離を五郎丸がきっちり決めて10-0。自由自在という感じ。
その後、一旦サントリーに流れが行って、20分にトゥシピシのPGで10-3になったが、ヤマハがすぐに反撃。攻勢を続けて、26分にWTBがサイドに飛び込んでトライ。15-3。
しかも、サントリーは、32分にデュプレアがシンビンで、数的不利になってしまい、前半は何も出来なくなってしまった。ただ、この時間帯を失点せずに凌いだので、後半は分からないかも、という印象は残った。

実際、後半は途中までサントリーに勢いがあったと思う。序盤に投入されたライアンが大きい突破を見せたし、10分には五郎丸がハイパントの競合いで、危険なプレーでシンビンを受け、今度はヤマハが数的不利。そういう中でサントリーは押し込んで行ったが、ヤマハの守備が堅くて崩し切れない。
ヤマハがサントリーの仕掛けをよく研究していた感じがしたけど、サントリーもバックスのベテランは長友くらいで(途中からライアンは入ったが)、若手頼みの布陣になっていたのが厳しかったんじゃないかと思った。準決勝までは出ていた有賀も居なかったし。松島のアタックは目を引いたけど、個人が目立つってのは、それだけサントリーらしい組織的な攻めが出来てなかったことでもあるかなと思うので。
25分くらいにSHがデュプレアから日和佐に交代。日和佐の出来は、あまり良くなかったと思う。これで、サントリーが勝つ可能性はかなり低くなった気がした。
ヤマハも後半は、攻撃はあまりうまく作れてなかったが、積極的に攻めて受け身に回ることがなかったのが良かったんだろうな。終了間際にサントリーにビッグチャンスがあったが、ノックオン(ちょっと微妙だったと思うが)で逸機すると、ほどなくホーンが鳴って、ヤマハの初優勝が決まった。

ヤマハは、東芝、サントリーと倒しての優勝。準決勝は見てないが、スコアを見る限りは充分な結果と思えるし、今日も優勝に値する試合をしたと思う。
今のヤマハは、突出して見える選手が居ないけれど(五郎丸は大スターだけど、彼が試合を決めるような試合運びを、今のヤマハはしてないし)、総合力でチームを強くしてる所が、今のトップリーグの各チームの力関係の中で、うまくはまっている感じ。たとえば、一人一人の選手のキャラ的には、神戸製鋼の方が上だと思うんだけど、神鋼は勝ち切れないんだよな。その辺、対照的だと思ってる。
あと、リーグ戦、プレーオフと見て来て、確かに試合ごとにチーム力が上がってる印象を受けた。若いチームだし、好循環になっているんだろうな。次は今年の勢いを来年に繋げることが出来るか。
サントリーは、来季は若手への切り替えを進めていく方向になるのかもしれない、という気がした。
20150228board
20150228pitch
20150228flag
20150228end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSM 岐阜対名古屋

2015.2.22(日) 13時半 長良川競技場
観客 5714人 主審 池内明彦 副審 亀川哲弘、熊谷幸剛

 FC岐阜 2(1−0)3 名古屋グランパス  
       (1−3)

 得点 11分 岐阜・高地
    49分 岐阜・難波
    52分 名古屋・牟田
    67分 名古屋・ノヴァコビッチ(PK)
    85分 名古屋・松田

 岐阜 太田(GK)、益山、深谷、高木(68分関田)、冨士、
    ヘニキ(63分水野)、宮沢(HT苅部)、ロドリゴ(68分小野)、
    高地、清本(64分遠藤)、難波
 名古屋 楢崎(GK)、矢野、牟田、大武(65分川又)、本多、
    レアンドロ ドミンゲス(84分松田)、ダニルソン、田口、矢田、
    ノヴァコビッチ、永井

 警告 岐阜 ヘニキ 
    名古屋 なし

見てないので、記録だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本選手権2回戦 東芝対帝京大学

2015.2.15(日) 14時5分 秩父宮ラグビー場

 東芝ブレイブルーパス 38(21−5)24 帝京大学
             (17-19)  

秩父宮第2試合。

社会人対大学って、どっちが勝ってもなんか後味悪いと思っているので、あんまり見に行こうという気にならないんだけど、今日は2試合セットだったので…。でも、前半で試合が壊れたら、帰ってもいいと思ってた。

立ち上がり、帝京の小気味いいテンポの速い攻撃を見て、結構やるな、と思ったけど、得点には至らず。結局東芝がトライで先制して、その後も着々トライを積み上げた。ただ、少し意外だったのは、東芝はパワーで押しつぶすような試合をしてくるかと思っていたのに、帝京に対抗するようなテンポのいいパスワークとスピードで勝負してきたように見えたこと。おかげで東芝が大きくリードしても、緊張感が維持されて試合は面白くなっていた気がする。
それにしても21対0で、これ以上開いたら前半で帰ってもいいかなと思っていたら、35分頃にゴール正面、やや遠い距離で帝京がペナルティでショットを選択。この点差で?と思ったし、まさかポストに当てて、跳ね返りでトライを狙おうとしてる?とか思ってたら、その通りの展開に(^^;)。いや、さすがに狙ってやったとは思えないが。
でも、21対5の折り返しになったので、とりあえず後半も見ていくことにした。

後半も東芝が先手。しかもラインアウトからモールという、力づくっぽい点の取り方だったから、もうこの試合は終わったかなと思った。14分にも大きいキックパスからの追加点で、さすがという感じ。でも帝京が粘りを見せたのはその直後からだった。
東芝も大量リードで緩めた部分もあっただろうなと思うけれども、帝京のスピード感のある攻撃が、東芝のディフェンスをかいくぐり始める。15分に2個目のトライ。21分に東芝がトライを返すが、25分36分にも帝京がサイドを突いてトライを決め、14点差まで詰めた。ただ、さすがに追い上げもそこまでで試合は終了。

東芝は終盤追い上げられても、それほど慌てた気配はなかったし、余力を残してたと見るべきと思う。大人の試合をした、という印象。ただ、それでも帝京の頑張りは見事だったし、観戦していて楽しめるだけの内容のある試合だったと思う。後味も全然悪くなかった。
東芝は、社会人チーム相手にも前半みたいな仕掛けが出来るようだと、今の閉塞感が少し薄れてくるんじゃないかと思うんだけど。
20150215board2
20150215pitch1
20150215pitch2
20150215end2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本選手権2回戦 サントリー対神戸製鋼

2015.2.15(日) 11時45分 秩父宮ラグビー場

 サントリーサンゴリアス 22(10−10)10 神戸製鋼
              (12-0)  コベルコスティーラーズ

秩父宮第1試合。ネタだらけで、レフェリーの2度のお色直しとか、決して入らないゴールとか、インゴール寸前のノックオンとか、いろいろあった(^^;。

試合そのものは、珍しく立ち上がりからサントリーがラッシュして押し込み、3分にトライで先制。トゥシ・ピシとデュプレアの組み合わせが効いたような気がする。ただ、今日のサントリーは本気だねえと思っていると、6分に神戸製鋼があっさり、ラインアウトからモールで突っ込んでトライ。ゴール失敗だったので、同点にはならなかったが。9分には神戸のバックスがファンブルした所にサントリーの有賀が詰めてボールを奪い、トライと思われたが、TMOでボールを奪った場面がノックオンと判定されてトライにならない(これもちょっとネタっぽい場面だったな)。
序盤はサントリー優勢だったが、15分過ぎくらいから神戸製鋼が押し始め、20分過ぎには最初のトライと同じような、ラインアウトからモールで突っ込む形でトライ…と思ったら、アクシデンタルオフサイドで取り消し。その後、レフェリーのジャージの色が、サントリーのジャージと似過ぎていてクレームが入ったと思われ、レフェリーのお色直し(^^;。それが終った後、神戸の山中がいいステップでトライを決めて逆転。でもこのゴールも入らない。かなり強い風が吹いていて、キッカーが翻弄されていた感じ。
その後、サントリーが、35分過ぎにトゥシ・ピシがPGを決めて、10対10で折返し。接戦かなと思っていた予想通りの展開。

後半。レフェリーが再度違う色のジャージを着て登場。前半半ばの交換は、いかにもその場しのぎの白シャツだったので、ちゃんとしたジャージ(青)に改めて着替えたらしい。
4分にトゥシ・ピシのキックチャージからツイがトライを決めて、後半もサントリーが先行。でもトゥシピシが蹴ったこのゴールも、ポストに2回当たって入らない(^^;。伊藤忠側のゴールポストには異空間が発生していたみたいだった。
その後、押したのは神戸だったが、トライを取れそうで取れない。こらえたサントリーが流れを引き戻し、27分に垣永が力づくで持ち込んだトライで神戸を突き放す。で、この後のゴールは、ついに決まった(^^;。
12点差のサントリーは、この後はかなり余裕が出来てた印象。終了寸前にはサントリーらしい流れるような展開から長友がゴールへ走ったがインゴール寸前でボールをこぼしてしまう。ああいうがっかりな笑えるノックオンは久々に見た(^^;。
でもまあ、サントリーがそのまま逃げ切って、準決勝進出。

サントリーが守備で勝ったという印象。神戸は、攻勢の時間帯に、もう一工夫欲しかった気がする。真っ向勝負では、サントリーの堅守は崩し切れない。まあ、ちょっと運もなかったかもしれないけど、やっぱりタイトルを取るにはもうちょっと、何かが足りないんだろうなあ。ただ、今日は神戸の選手一人一人が、十分力を出し切れてないような気もした。
20150215board1
20150215end1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ入替戦 クボタ対釜石

2015.2.14(土) 13時 熊谷ラグビー場

 クボタスピアーズ 34(13−5)5 釜石シーウェイブス
           (21-0) 

下位リーグのチームがほとんど勝てない入替戦だけど、クボタは割とやらかすチームだし、釜石にも可能性はあるかもと思ってた。しかも北風強風で波乱含みのコンディション。

実際、立ち上がりから、双方、風の影響を感じさせるミスが続き、力の差が目立ちにくくなってる印象はあった。クボタがPGとトライで先行して、地力に差のある所を見せたが、釜石も早い時間にトライを決めて食い下がる。
25分にやや遠いがゴール正面で釜石のショット。決まってれば同点だったが外れた。その直後にクボタがトライで突き放す。
追い風の釜石は惜しい所までは押し込むんだが、そこで取りきれず、ボールを奪ったクボタがそこからカウンターの速攻で釜石ゴールを脅かすという展開の繰り返し。
釜石は2回、インゴールへ蹴り込んで走り込むという形を作ったけど、クボタに先にカバーされて不発に終わった。どっちかが成功していれば、その後の展開は違ったと思うが…。それに、これらも含めて、裏狙いのキックを多用してたけど、ほとんど結実しなかったのはもったいなかったと思う。まあ、まともに攻めても跳ね返された可能性は高かったかもしれないが。
前半は13対5。それでもまだ8点差だから、釜石に可能性は残っていた。ただ、後半はクボタが追い風で有利だろうなとは思った。
で、後半はクボタがきっちり追い風を使ってきた。前半、向かい風で、さっぱり決まらなかった立川のコンバージョンやショットが、次々決まって、釜石を突き放していく。やっぱり、こういう試合運びのしたたかさは、さすがに上位リーグのチーム。
釜石もチャンスがなかったわけではないけど、何とか繋いでゴール前まで迫っても、そこでボールを失うと、追い風に乗せたキックで一気に挽回されてしまう繰り返し。PGでじわじわと離され30分過ぎにトライを決められた所で、ついに力尽きたなという印象だった。
最終スコアは34対5で、順当としか言いようのない結果。釜石は前半リード出来なかったのがすべてだったと思う。
まあ、トップリーグチームとの公式戦での初対戦だったわけだし、この経験を来年以降に生かすってことだろうな>釜石。しかし、このチームにとっては、この壁は相当厚そうだ。
20150214board
20150214pitch
20150214end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」

先週の土曜(2/7)に見に行った。

キョウリュウジャーの敵の大ボスが、ギャラクシーラインの宇宙ステーションを乗っ取って地球にやってきて、地球を破壊しようとするのに対して、二つの戦隊が立ち向かう、みたいな話。
話の作りが意外なくらいちゃんとしていた。特に、キョウリュウジャーの敵にはトッキュウジャーの力が有効でないし、トッキュウジャーの敵にはキョウリュウジャーの力が有効でないってのは、単純なようで案外効果的な設定で、それでうまく話を作っていたな、と。ただ、それが逆方向に働いてもいい気はするけれどね。
日頃はもっとこぢんまりした敵と戦ってるのに、いきなり地球存亡の危機に立ち向かう状況に追い込まれて、うろたえるトッキュウジャーってのが、結構リアルな感じで良かった。
関根勤のカマキリ芸は懐かしかったな。他にも、敵の怪人の巨大化が電車ごっこにしか見えなかったりとか、笑える場面が多くて、楽しかったよ(^^;。
子供形態のトッキュウジャーが登場したが、カグラは形態が大人でも子供でも、見た目が変わんないねえ(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年グランパス日程

節 開催日  KO時間 相手 スタジアム 結果
PSM 2/22(日) 13時半 岐阜 長良川 3-2
* 3/7(土) 11時 中村直志引退試合 名古屋グランパスOBマッチ
1 3/7(土) 14時 松本 豊田 3-3
2 3/14(土) 14時 甲府 山梨中銀 0-1
N1 3/18(水) 19時 川崎 等々力 3-1
3 3/22(日) 17時 鹿島 瑞穂 1-1
N2 3/28(土) 14時 仙台 瑞穂 3-2
4 4/3(金) 19時 大阪 万博 1-3
N3 4/8(水) 19時 山形 NDスタ 3-3
5 4/12(日) 14時 広島 豊田 2-0
6 4/18(土) 19時 清水 瑞穂 3-1
N4 4/22(水) 19時 横浜 瑞穂 1-0
7 4/25(土) 17時 浦和 埼玉 1-2
8 4/29(水祝) 16時 神戸 ノエスタ 1-0
9 5/2(土) 13時 湘南 瑞穂 3-0
10 5/6(水祝) 15時 横浜 日産 0-2
11 5/10(日) 13時 川崎 豊田 0-1
12 5/16(土) 19時 鳥栖 豊田 0-1
N5 5/20(水) 19時 清水 アイスタ 2-1
13 5/23(土) 19時 東京 味スタ 1-0
14 5/30(土) 14時 山形 豊田 0-0
N7 6/3(水) 19時 神戸 瑞穂 0-4
15 6/7(日) 16時 新潟 デンカ 1-1
16 6/20(土) 16時 柏 豊田 1-0
17 6/27(土) 19時 仙台 ユアスタ 0-2

(以下、2ndステージ)
1 7/11(土) 18時 湘南 BMW 1-2
2 7/15(水) 19時 大阪 瑞穂 3-2
3 7/19(日) 18時半 清水 アイスタ 2-2
4 7/25(土) 19時 浦和 瑞穂 2-1
5 7/29(水) 19時 山形 NDスタ 3-0
6 8/12(水) 19時 横浜 瑞穂 0-3
7 8/16(日) 18時 松本 松本 1-0
8 8/22(土) 19時 東京 豊田 0-0
9 8/29(土) 19時 広島 Eスタ 2-5
NQ 9/2(水) 19時 大阪 万博 1-1
NQ 9/6(日) 19時半 大阪 瑞穂 2-2 9PK10
E2 9/9(水) 19時 町田 港 0-1
10 9/12(土) 18時半 仙台 豊田 0-1
11 9/19(土) 19時 川崎 等々力 1-6
12 9/26(土) 19時半 神戸 瑞穂 2-0
13 10/3(土) 19時 柏  日立台 1-3
14 10/17(土) 18時半 鳥栖 ベアスタ 0-0
15 10/24(土) 14時 新潟 瑞穂 4-2
16 11/7(土) 14時 甲府 豊田 4-2
17 11/22(日) 13時半 鹿島 カシマ  0-1

Nはナビ杯予選リーグ NQはナビ杯準々決勝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ANNIE/アニー」

キャメロン・ディアスが出るのを知って、見に行かないと、と思ってた。それがなかったら、行ってない(^^;。オリジナルの方は見たことないし、興味もなかった。ミュージカルだし、内容的にも、俺が見に行くタイプの作品じゃないと思ってたし。

ただ、オリジナルを大幅にアレンジした今回の映画自体も、案外悪くなかった。ミュージカルといっても、音楽は現代のものだし、作品の内容も、現代の社会状況を反映していて、古めかしさは全然ない。もちろんおとぎ話みたいなもんだから、リアリズムで作られてはいないけれども(たとえば、冒頭の方、アニーを含めた5人の里子が押し込められている?部屋が、作中で汚いとか言われていても、全然きれいじゃんとか思ってしまったし、ホームレスが出て来る場面も、随分こぎれいなおじさんたちだったりしたが)、リアルな現代は、ぎりぎり感じられる。
キャメロン・ディアスは、里親で生計を立ててる、アル中の落ちぶれた元スター歌手の役で、これもまた、設定の割には汚れた雰囲気があんまり伝わってこないんだけど、本人が、落ちぶれて性格も悪くなった因業なオバサンの役を、嬉々としてやってる様子が伝わってきて、楽しく見ていられた(^^;。
主役のアニーの演技が本当に達者だったし、彼女を含め、歌や踊りの構成がしっかりしていて、さすがアメリカで金掛けて作ってる映画だよな、と思った。ストーリーも、うまく伏線を張っているなど、きっちり作られていた上に、変に泣かせにかかるような作りでない所にも好感が持てたし。

若干引っかかったのは、もう一人の主役、アニーを引き取る携帯電話会社の社長でNY市長選に立候補している億万長者・スタックスの立ち位置が、いまひとつ、よく見えなかったこと。自身の成功だけを追い求めて、人と交わることが好きでもない人間が、なんで市長に立候補してるのか?、というあたり。会社の利益のためという、最低限の説明はされているけど、今一つ納得し難い。その一方で、彼には、移民を排斥している議員を批判したり、NYの恵まれていない子供たちを気にかけているという言葉があったりもして、何か人間像が混乱している。本当はいい人だが、それを表に出せない、というキャラクターなんだとしても、最初の方の、かなり嫌な奴っぽい描かれ方とは、やっぱり整合してないと思うんだよな。製作者の方には、スタックスが言及したような一連の問題への意識があって、それを作品を通じて伝えようとしたのは確かだと思うんだが。

でもまあ、世の中そんなに単純じゃないとは思うものの、イイ話ではあったし、楽しく見れたから、いいかな、と思った。そもそも、俺には元々、キャメロン・ディアスを見に行く、という以外のモチベーションはなかったわけだしね(^^;。
(2015.0131)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグプレーオフトーナメント ファイナル ヤマハ対パナソニック

2015.2.1(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 ヤマハ発動機ジュビロ 12(12−23)30 パナソニックワイルドナイツ
             (0-7) 

正直、ヤマハに勝ち目は薄いと思ったし、酷い試合になんなきゃいいけど、くらいに思ってたが、興醒めな決勝にしない頑張りを見せてくれた>ヤマハ。

強風の影響が結構あって、パナの先制PGに繋がった五郎丸のノックオンも、風でボールが流れたせいじゃないかと思うんだが、反撃したヤマハはあくまでもトライを取りに行く強気な攻めで、一旦は逆転した。こういう積極的な姿勢が、先週の東芝にも欲しかったんだよな、と思った。まあ、直後にパナが、山田、バーンズの連携であっさりまた逆転したけれども、この時にバーンズが足を痛めたようで、これは試合展開にだいぶ影響したと思う。
点差が7対20まで広がってた30分過ぎ、パナはゴール前で反則があり、シンビン。数的優位のヤマハが押し込んでトライ、12対20。さらにヤマハが得点を積んでいければ、という場面だったが、パナは粘り強い守備で持ちこたえ、逆にPGで12対23に広げて、前半終了。
後半頭にも、まだ数的優位が続いていたヤマハが攻め込んだが、ここも凌がれる。ヤマハは気合いは十分だったが、パナの堅守を崩す攻め手が乏しかった。特にマレ・サウが完封されてしまったのが痛かったんじゃないかな。しかも、時間が経つにつれて、パスワークのミスが増え始めて、思うようにチャンスが作れなくなっていった。
パナも、後半の早い時間に、ずっと足を引きずっていたバーンズが外れ、ヒーナンも故障で交代、バーンズに代わってSOに入った笹倉もケガで外れるという状態で、後半の試合運びは割と苦しかったと思うんだが、終盤、後半半ばに入ったピーターセンが、ヤマハからボールを奪って北川へ決定的なパスを通し、トライが決まって駄目押し。12対30で終了して、パナが優勝を決めた。

事前の予想通りの結果ではあるが、それでもとにかく、ヤマハはよくやったよ。

パナは日本選手権に向けては、故障者の多さが気がかりだろうな。それと、今のメンバーが最強過ぎるので、世代交代の時期が来たら大変かも、という気がする。 それくらい今のパナは、ベストメンバーなら、本当に強いし華もある、素晴らしいチームだと思うよ。
20150201board
20150201pitch
20150201end
20150201yusho

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »