« ナビスコ杯予選L第1節川崎対名古屋 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/21) »

オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/20)

2015.3.20 (金) 13時 神宮
M 500112000 9
S 200101020 6
[敗]小川、[勝]涌井、[S]西野
[H]S:雄平2(涌井2)、畠山(黒沢)、M:田村(小川)

オープン戦。今年初神宮。

30分ちょい遅れて到着。まだ1回裏。あれ?と思ってスコアボードを見ると0対5。1回表のライアン小川がボロボロだったらしい。
ただ、ロッテ先発の涌井も、その時点で無死1-2塁を背負っていたから、おいおい(^^;)。ただこちらは、ミレッジのショート強襲打で無死満塁になったものの、以降は内野ゴロ3つ。まあ、その間に2点は入ったけど、という感じ。
2回3回は両投手悪くなかったと思うが、4回に小川が田村に被弾。でもすぐに雄平がレフトへガツンと叩き込んでチャラ。
5回、小川は今江のツーベースをクルーズのタイムリーで返されまた失点。しかもその後、2人続けてストレートの四球。追加の失点は免れたが、相当不安な内容で、この回で降板。
6回はルーキーの竹下が登板したが、彼もさっぱりストライクが入らないし、入れば打たれる感じ。2失点してこの回のみで交代。
以降は、古野、新外国人オンドルセク、バーネットが1回づつで無失点リレー。オンドルセクは割と簡単にヒットを打たれてたが、それで崩れるわけでもなく、無難に凌いだ。割と器用なピッチャー? トニーは良かったけど、彼は波があるからね…(^^;)
打線は6回に雄平が完璧に捉えたライトへの2打席連続のホームラン。絶好調じゃん。8回にはロッテ2番手黒沢から、今浪のツーベースの後、ハタケのレフトへのツーラン。3点差まで追い上げたが、そこまで。

まあ、オープン戦だし、勝ち負けはどうでもいい。今年も点は取れそうなチームかな?という感じ。ただ、(初回の内容は分からないにしても)ライアン小川があんまりよろしくなさそうだったのは、気掛かりだよな…。
大引の守備は安心感があった。成り行きからすると、特に何もなければ、今年は多分、セカンド山田、ショート大引は固定じゃないかと思う。今浪も森岡もヒロヤスも、狙いはサードしかないんじゃないかという気がする。
20150320ground
20150420yane
20150420board

|

« ナビスコ杯予選L第1節川崎対名古屋 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/21) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61311632

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/20):

« ナビスコ杯予選L第1節川崎対名古屋 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/21) »