« J1リーグ1stステージ第1節名古屋対松本 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/15) »

J1リーグ1stステージ第2節甲府対名古屋

2015.3.14(土) 14時 山梨中銀スタジアム
観客 11851人 主審 榎本一慶 副審 大塚晴弘、金井清一

 ヴァンフォーレ甲府 1(0−0)0 名古屋グランパス
            (1-0)

 得点 80分 甲府・阿部翔平(FK直接)

現地観戦。どんより曇って、冷たい風も吹く小瀬。試合前、パラパラ水滴が落ちてくる瞬間もあって、ちょっとヒヤヒヤしたけど、幸い本格的な雨にはならなかったし、試合が終わった頃には晴れていた。

試合は寒すぎる展開。名古屋は前節と同じ布陣で臨んでたが、前節はそれでもそれなりに形を作っていたのに対して、今日はパスがスピードも精度もなくて、全くつながらず、まるでダメだった。前節の松本山雅戦で楽をし過ぎたか? まあ、甲府がきっちり寄せて来ていたというのもあるけれど…。甲府のクリーンで効果的なプレッシャーは、前節の松本山雅の汚いディフェンスに比べると心が洗われるようだったな(^^;)。
ただ、甲府もいまいちボールに足が付かない感じで、ミスの多い試合運び。考えてみると、試合展開としては、ミスで奪ったボールを起点にしたカウンターの応酬だったのか? どっちも、ほとんどフィニッシュまで行き着けてなかったから、あんまりそんな気はしなかったけど(^^;)。
攻撃が組織化出来てたのは甲府の方だったかもしれないが、さすがにゴール前はうちのディフェンスが固めていたので、そんなに怖さはなかった。でも名古屋も、単騎のカウンター以外は、ゴールから遠い位置で漠然とボールを回すばかりで、およそ可能性というものが感じられなかった。
双方合わせても枠に飛んだシュートが5本未満じゃないか?という不毛な試合は(ボール自体はよく動いていたので、そんなに退屈はしなかったけど)、後半35分の阿部翔平の直接FKによるゴール(リーグ戦通算2点目)で、ようやくスコアが動いた。直前まで、アベショー、ほんとに蹴るの?と思っていたし、ナラももしかしたら、そういう迷いがあったのかな。ただ完璧なFKだったのは間違いない。
試合はそのまま終了。結局、名古屋で得点の気配がしたのって、前半と後半に1回づつあった、永井のきわどい(後半のは枠に当てた)シュートだけだったんじゃないんだろうか。攻めてた時間は長かったけど。

シーズン始まったばかりとはいえ、松本、甲府との対戦で勝ち点1しか取れなかったって、かなりヤバいだろう。いよいよ今年も降格戦線参入の気配が濃厚に…(^^;)。
まあ、今日については、アベショーのゴールだからいいよ、と思わないではないんだけど。
20150314board
20150314pitch
20150314end
20150314abesho

|

« J1リーグ1stステージ第1節名古屋対松本 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/15) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61287668

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第2節甲府対名古屋:

« J1リーグ1stステージ第1節名古屋対松本 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/15) »