« 感想「サンリオSF文庫総解説」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(3/31) »

感想「パラークシの記憶」

「パラークシの記憶」 マイクル・コーニイ 河出文庫
「ハロー・サマー・グッドバイ」の続編。「サンリオSF文庫総解説」を読んでいて、翻訳が出てることを知って入手した。
続編と言いつつ、何十年(何百年?)も経った後の話で、いろんなことが前作と変わっているので、こんな世界の話だったっけか?と思いながら読んでたが、要はそうした変化もネタの一部なんだな。
SFミステリということだったが、小説の中で起きる殺人事件の真相が明らかになる顛末は、SFの設定をうまく生かしていて、良かったけれど、まあ、強調するほどの「ミステリ」でもなかったと思う。
ただ、前作で核心的な部分のネタは割れているわけで、そこへ向けて徐々に話を進めていくだけかと思ったら、さらにひねっていた所は感心した。もし、その辺も含めて、ミステリ的な仕掛け、というのであれば、そこはよく出来ていると思う。
「ハロー・サマー・グッドバイ」もそうだったけど、ロマンティックなSF仕立ての青春恋愛ものにとどまらない、しっかりとSFらしい衝撃のある小説だった。面白かった。
(2015.3.24)

|

« 感想「サンリオSF文庫総解説」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(3/31) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61358567

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「パラークシの記憶」:

« 感想「サンリオSF文庫総解説」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(3/31) »