« J1リーグ1stステージ第6節名古屋対清水 | トップページ | 「パレードへようこそ」 »

ヤクルト対フューチャーズ(4/18)

2015.4.18(土) 13時 戸田
S  001010000 2
FT 000000000 0

所用があったので、遠出出来ないこともあり、手近な所へ。15時半、8回が始まる所で撤退した。

ヤクルトの1番はDHバレンティン。3打席で、四球、敵失、ヒットで全打席出塁。さすが、というような当りはなかったが、ちゃんと走塁もしていたし、特に状態の悪さは感じさせなかった。
ヤクルト先発は、久々に投げる所を見たヨシノリ。コースにビシッと決まった時のストレートは、さすがに迫力があったが、制球が不安定過ぎた。3イニングで3四球だったが、四球の数以上に不安定感があったなと。元々、そんなに安定感のあるピッチャーじゃないが、まあ、まだ時間はかかりそうだな、と思った。なお、センターからホーム方向へ強風が吹いていたので、ピッチャーの球威は増す方向だったとも思われる。
ヨシノリの後は、村中(2回)、寺田(1回)、土肥(1回)とつないだ。どのピッチャーも、結局ヒット1本は打たれていて、申し分ないというレベルではなかった。まあ、寺田と土肥はルーキーだけど、村中も、そんなに危なげはなかったとはいえ、完璧とは言い難い内容。
フューチャーズの投手は、石田(B、2回)、乾(F、1回)、篠原(G、1回)、田中太(G、1回)、川満(B、1回)、山口(L、1回)とつないだ。3回に野手のエラー絡みで、乾から1点取り、5回には田中太から四球と連打で1点奪ったが、それくらい。攻めてはいても、併殺や盗塁死・牽制死が多くて、波に乗れなかった印象だった。
20150418kyujo
20150418yoshi
20150418board

|

« J1リーグ1stステージ第6節名古屋対清水 | トップページ | 「パレードへようこそ」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61461751

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト対フューチャーズ(4/18):

« J1リーグ1stステージ第6節名古屋対清水 | トップページ | 「パレードへようこそ」 »