« ナビスコ杯予選L第4節名古屋対横浜 | トップページ | J1リーグ1stステージ第7節浦和対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対巨人(4/24)

2015.4.24 (金) 18時 神宮
G 0001100000  2
S 0100001001X 3
[勝]オンドルセク、[敗]澤村
[H]S:畠山(ポレダ)

先発はうちが小川で巨人がポレダ。
小川は初回、外野にポカポカいい当たりを打たれていたので、まずいんじゃない?と思ったが、失点せずに切り抜け、2回3回は修正した感じだった。
逆に小川よりもいい立ち上がりに見えたポレダが、2回先頭の今季初出場バレンティンに四球を出し、これをきっかけに作ったチャンスで大引がタイムリーを打ち、ヤクルトが先制。
けれども4回に小川がアンダーソンにタイムリーを打たれて同点。5回には大引のフライ落球から始まったピンチでポレダにタイムリーを打たれ、逆転。ただ、以降は巨人に追加点を許さず、7回まで2失点。
で、7回裏にハタケがレフトポール際へ同点ホームラン。
そのまま、9回で決着せず、延長へ。
8回秋吉、9回バーネットを受けて10回に登板したオンドルセクは、2死から連打で2-3塁とされたが、片岡を打ち取って切り抜ける。
10回裏の巨人の投手は、9回のマシソンを受けた澤村。中村と上田のヒット、山田の死球で1死満塁。ユウイチ内野ゴロで2死になった後、川端がセンター前へ打ち返してサヨナラ。

延長までやった割に、3時間2分で終わってくれた。ありがたい。サンキュー>川端。(サヨナラ勝ちだったことより、とっとと決めてくれたことに礼を言ってるイメージ(^^;))

しかし、巨人はスタメンのメンツは薄いし、得点力不足だし、かなり厳しい台所事情ぽいねえ。
ここまで見る限り、他のチームも大したことはないし、今年がヤクルトの奇跡の年でも不思議はない気はしてきた。
20150424kyujo
20150424stand
20150424end
20150424encho

|

« ナビスコ杯予選L第4節名古屋対横浜 | トップページ | J1リーグ1stステージ第7節浦和対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61489282

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(4/24):

« ナビスコ杯予選L第4節名古屋対横浜 | トップページ | J1リーグ1stステージ第7節浦和対名古屋 »