« J1リーグ1stステージ第5節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ1stステージ第6節名古屋対清水 »

セリーグ ヤクルト対DeNA(4/17)

2015.4.17 (金) 18時20分 神宮
B 000000001 1
S 00000300X 3
[勝]小川、[S]バーネット、[敗]井納
[H]S:雄平(井納)

18時過ぎに千駄ヶ谷で駅を出た時は、雨は上がってたんだけど、午後の雨の影響だったんだろう、プレイボールが20分遅れていた。おかげでプレイボールに間に合ったわけだが。
ただ、試合中も一時は本降りぽい雨が降ったりして、結構面倒だった。

先発はうちがライアン小川、DeNAは井納。井納はちょっと不安定な感じで、ヤクルトは毎回のようにランナーが出て、チャンスを作るけれど攻めきれない。こういうことをやってると、先に小川がつかまったりする、と思ってたが、小川はしぶとかった。結構ボールが多かったり、ファールで延々ねばられたり、野手のファインプレーに救われていたり、特にいい出来とは思えなかったにもかかわらず、DeNAを6回までパーフェクトに抑えた。
そして6回裏、先頭の雄平がレフトへ先制ホームラン。さらに四球で出たランナーを小川自らがタイムリーで返し、山田にもタイムリーが出て3対0。
でも、まあ、いかにもという感じで(^^;)、直後の7回表に、小川は1死から白崎にヒットを打たれ、ノーヒッター終了。それでも後続は締めて、無失点のまま、9回表のマウンドに上がったが、関根と石川のヒットで1死1-2塁。ここで白崎が遊ゴロ。でもこれを大引が1塁悪送球…。多分、ゲッツーを取りに行くかどうかで、一瞬迷った? ただ、ここんとこ、また無安打地獄に陥ってるから、守備に悪影響が出てるのかもなあ…。
とにかく、DeNAに点が入って3対1、さらに1死2-3塁になり、一打同点の場面。小川はバーネットに交代。そのバーネットの初球を梶谷がとらえたが、ピッチャーライナー。セカンドへ送ってゲッツー。1球であっけなく終了。まあ、ライナーを取れなくて、センターへ抜けてたら同点だったろうから、結構きわどかったと思う。でも、盛り上がったんだからいいだろう(^^;)。

小川がよく粘って投げたと思う。井納が辛抱しきれず、自滅した感じがした。
それにしても大引が、ちょっと心配な感じ。確かにここまで打てないと、チームとしても辛いわなあ。もっとも、守備では間違いなく貢献してると思うんでねえ。開き直ってもいいんじゃないか、という気はする。
20150417stand
20150417kyujo
20150417end
20150417board

|

« J1リーグ1stステージ第5節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ1stステージ第6節名古屋対清水 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61456493

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(4/17):

« J1リーグ1stステージ第5節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ1stステージ第6節名古屋対清水 »