« セリーグ ヤクルト対阪神(3/31) | トップページ | イースタンリーグ 西武対ヤクルト(4/4) »

J1リーグ1stステージ第4節大阪対名古屋

2015.4.3(金) 19時 万博記念競技場
観客 10702人 主審 吉田寿光 副審 武田光晴、間島宗一

 ガンバ大阪 3(1−0)1 名古屋グランパス
        (2−1)

 得点 45+1分 大阪・宇佐美
    49分 大阪・宇佐美
    63分 名古屋・永井
    80分 大阪・今野

金曜夜開催ってことで、行くのを断念した万博。ここ数年、ずっと行くことを考えてたが、ついに日程が合わないまま。来年は新スタジアムへ移転だろうし、本当に縁がないスタジアムだったなあ。一度も行けなかった。

だもんで、スカパーオンデマンドでほぼ生(2時間遅れくらい)で見た。

ダニウソン、川又、永井は戻ったが、ノヴァコビッチは発熱とかでお休み。ただ、田口(故障が長引かなきゃいいが)は欠けてるにしても、そこまで致命的な戦力ダウンとは思えないんだけど、相手が悪かったと思う。
前半は、決定力のある宇佐美を軸にした攻撃に、ほぼ防戦一方だった感じ。なんとか耐えて、前半0対0で終われるかと思ったラストプレーで、宇佐美のシュートが牟田に当たってコースが変わり、先制されちゃった(記録は宇佐美のゴールになったらしい)。
ダニウソンの1ボランチの前に、永井、旭、小屋松、小川を並べて、川又1トップだったけど、中盤の5人の連携が全然ダメ。ダニウソンに展開力を期待出来るわけもないけど、だからといって、矢田や小屋松がズルズル下がっても…。しかも彼らのプレーも消極的というか、中途半端というかで、まるでゴール前にボールが入らなくて、得点の気配が本当に薄かった。
ただ、選手の問題だけなのかな。こういう形の時は、どういう風に試合を作るかという、プランがないとか、徹底されてないとか、そういうことはないのかね。どうも選手が、あまりにも自信なさげに見えたんで、疑ってしまう。

後半も劣勢のまま、序盤に崩されて、宇佐美にもう1点叩き込まれたが、59分に小川に代えて松田を投入すると、流れがいくらか変わって、前への推進力が出てきたようで、得点機が生まれ始めた。63分にセットプレーから、ゴール前でごちゃついてる所を、永井が押し込んで得点。ただ、この直後にも得点機はあったけれど決めきれず。一気に追い付きたかった所だったが…。
このタイミングでのグスタボの投入は、正直、謎。仙台戦のプレーを見る限りでは、お笑いキャラ(^^;)としか思えなかったんだが。で、やっぱり、この交代で攻撃が減速した感じ。ガンバに流れが戻り(というか、完全に名古屋が主導権を握れてたわけでもなかったが)、80分に、大きくクリアしきれなかったこぼれ球を、今野に拾われて叩き込まれて1対3。これで試合は決まっちゃった。

鹿島と神戸が勝っちゃったんで、とうとう順位は最下位。ただ、故障者がいて、戦力が十分じゃないのは確かなんだけど、ナビ杯では勝ててることを考えれば、居るメンバーでどうやるかというのがはっきりしてれば、相手次第では勝てないことはない、と思うんだけどさ。そこまで低い戦力じゃないはず。
そこんところを、きっちり監督にやって欲しいんだけど、やってるのかなあ。
(2015.4.4)

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(3/31) | トップページ | イースタンリーグ 西武対ヤクルト(4/4) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61389289

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第4節大阪対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対阪神(3/31) | トップページ | イースタンリーグ 西武対ヤクルト(4/4) »