« セリーグ ヤクルト対巨人(4/24) | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/29) »

J1リーグ1stステージ第7節浦和対名古屋

2015.4.25(土) 17時 埼玉スタジアム2○○2
観客 29803人 主審 扇谷健司 副審 越智新次、塚越由貴

 浦和レッズ 2(1−0)1 名古屋グランパス
        (1−1)

 得点 39分 浦和・関根
    52分 浦和・武藤
    90+3分 名古屋・田中輝

久々の現地観戦。

今年から出来たメインアッパーのビジター指定席へ行った。ゴール裏に比べたら、ピッチ全体が見渡せるし、前の席の観客が立ち上がって邪魔になることもないし、快適だった。それでも、正面に見えるバックアッパーがガラガラだったのに比べて、席が詰まり気味だったから、あっちの方がいいかなとも思ったが、今回、敢えて「ビジター指定」を売り出した以上、バックアッパーは「ホーム指定」としてのコントロールがうるさくなってるんじゃないかな、という懸念があるんだけど、どうかな。ちなみにバックアッパーに数年前に一度だけ入った時は、そういうのはユルユルだった記憶がある。

名古屋のスタメンで、水曜のナビ杯からの変更は、松田→ノヴァコヴィッチ、本多→牟田。いまいちフィットしてないノヴァコの起用はどうかな、と思ったけど、途中までは、ここまで見た中では、一番それらしくなってはいるかなと思った。前線でターゲットになって、ポストして、という動きが割とスムースだった。ただ、そこから先が、相変わらずうまく噛み合わない。
あと、浦和戦ではありがちだけど、立上りからうちの選手が向こうのスピードやプレッシャーに戸惑っている様子があり、後手後手に回って押され気味の試合展開になっていたと思う。それでも、決定的な場面をそんなに作られていたわけではなかったし、前半半ばにはノヴァコのポストから川又が先制ゴール、という場面も…。オフサイドだったけど。
まあ、前半は浦和の攻勢を何とか凌いで、後半勝負という所なんだろう、と思っていたら、終盤、ゴール前の混戦でツリオがクリアし損なったボールを、関根に拾われて決められる。

後半立ち上がりは、浦和がまたスピードアップしたように感じられ、名古屋は浮足立っていた印象。その流れのまま、52分に梅崎のクロスを武藤に押し込まれて0-2。
以降も名古屋はいい所がなかった。ハーフタイムに小川→小屋松、60分にノヴァコ→磯村という選手交代をしたが、特に状態が改善したようには見えず。79分に貴章を輝希に代えた時点では、ああ、この試合は捨てたかな、と思ってしまったくらい、パッとしなかった。輝希も、貴章のポジションにそのまま入ったものの、どういう指示を受けて出て来たんだか、よくわからない中途半端な動き方をしていたし。
それでも、終了が近づくにつれて、浦和も逃げ切りを意識したのか、かえって守りの安定感が薄れ、名古屋が攻め込む時間帯が増えた。ロスタイム、セットプレー流れでの浦和ゴール前での混戦の中、こぼれ球を輝希が押し込んでようやく得点、2-1。しかしまあ、ほどなく試合終了で敗戦。

正直、名古屋はかなりダメダメな試合ぶりだったので、最後に輝希のゴールが見れただけで、満足してしまった。まあ、いいや、くらいな(^^;。
浦和の出来も、ミスが多くて、決して良くはなかったと思うんで、そこに付け込めなかったのは残念だったけれども。
20150425board
20150425pitch
20150425nagoya
20150425end

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/24) | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/29) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61504338

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第7節浦和対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/24) | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/29) »