« セリーグ ヤクルト対中日(4/8) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(4/9) »

ナビスコ杯予選L第3節山形対名古屋

2015.4.8(水) 19時 NDソフトシステム山形
観客 3588人 主審 山本雄大 副審 唐紙学志、川崎秋仁

 モンテディオ山形 3(1−1)3 名古屋グランパス
           (2-2)

 得点 8分 名古屋・竹内
    40分 山形・當間
    49分 名古屋・矢田
    56分 山形・當間
    63分 名古屋・ノヴァコヴィッチ
    90+2分 山形・萬代

スカパーオンデマンドで3日遅れで見た。
3-3という結果は知ってて、たいがいやなと思ってたが、ここまでひどい試合とは思わなかった。

本多が出れないわけでもないのに、ダニウソンが左サイドバックという、よくわからないスタメンだったが、試合後の西野のインタビューを見ると、本多に疲労が見えた、ということらしい。仕方ないのかもしれないけど、他に使えるバックアップはいないのかと。いないんだろうなあ。
あとは、ノヴァコヴィッチと小屋松の2トップに、右が川又、左が永井、ボランチが旭と磯村という感じだったか。

8分に、CBで牟田に代わってスタメンに入っていた竹内が、旭のCKから先制ゴール。まあ、立ち上がりから名古屋が優勢に試合を運んでいたから、順当とは思えた。ただ、先制した後の名古屋の試合運びはひどかったな。雑な組立てで簡単にボールを失い、攻め込まれる。左SBがダニウソンのバックラインも不安定。川又、永井どころか、ノヴァコヴィッチまで下がって守備に奔走するグダグダぶり。それでも、流れからは失点しなさそうだなという、山形の迫力のない攻撃っぷりだったが、40分にCKから、ゴール前で當間にフリーで合わされて同点。
後半、結局、小屋松に代えて本多を投入して左SB。ダニウソンがボランチ。これで名古屋は前半よりは安定化した。後半開始4分に、前線で川又がボールを受けて永井に流し、永井から出たパスを受けた旭の勝ち越しゴール。流れるような、いい展開のゴールだったし、この後、攻撃がスローダウンする感じもなかったと思う。ただ、後半は山形の攻撃も鋭さを増していて、前半はなかったような、流れからの得点機を2回作られた後、11分に、またFKから失点。しかも、またノーマークの當間。何やってんだか。
それでも、18分に本多のクロスからノヴァコヴィッチが叩き込んで、三たび勝ち越し。結果は知ってたから、セットプレーの場面になると、ここで同点?とか、毎回思っていたけど、案外失点しない。むしろ名古屋に、ノヴァコヴィッチのきわどい直接FKや、永井の惜しいシュートなんかがあって、これを決めてりゃ勝ってたんだろうな、と思うと、せつない…(^^;。87分にグスタボが投入されて、西野、懲りないのか?と思ったが、この試合は、特にグスタボが悪さをしたわけでもなかった。まあ、何もしなかったのが、悪いと言えば悪いが…。そこそこ可能性のあったシュートは1本打ったけど。
で、結局、1点リードのままロスタイム。うわ、終了間際にやられたのか、最悪、と思っていると、ツリオが引っ張り出された感じの状態で、ゴール前に入ったクロスを萬代に合わされて同点。その後、さらに山形にチャンスを作られたが、なんとかそのまま終了。

後半も、残り10分くらいで守りに入ったあたりから、にわかにバタバタし始めて、今年のチームは、全然守れないというのを露呈していた感じ。結局、開幕戦の松本戦から、進歩してないってことなんだなあ。
少なくとも、下位のチーム相手には、もう守りに入るとか考えずに、攻める意識で最後までやった方がいいのかもしれない。もっとも、上位チーム相手にそんなことした日には、どんな結果になることやらだけど。明日の広島戦がおそろしいわ。

まあ、それでもナビ杯は、まだグループリーグ首位らしいけど。
(2015.4.11)

|

« セリーグ ヤクルト対中日(4/8) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(4/9) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61426320

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第3節山形対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対中日(4/8) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(4/9) »