« セリーグ ヤクルト対広島(5/1) | トップページ | J1リーグ1stステージ第9節名古屋対湘南 »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(5/2)

2015.5.2 (土) 13時 戸田
G 130000000 4
S 21013101X 9
[勝]江村、[敗]平良
[H]S:西浦(平良)、松井(平良)、G:矢野(寺田)

先発はヤクルトがルーキーの寺田、巨人は2年目の平良。まあ、似たり寄ったり。
1回表に寺田が矢野にソロホームランを打たれると、裏には平良が西浦にツーランを打たれる。
2回表の寺田はツーベースと四死球2つで満塁にした後、犠飛とタイムリーで3点失う。
2回裏の平良は四球のランナーを暴投などで3塁に進ませ、犠飛で1点失う。
で、寺田は3回で終了したが、平良は以降も投げ続けた結果、4回に田中雅のスリーベースで1点、5回には松井淳のスリーランで3点を失い、5回途中で降板することになった。
巨人2番手は育成の田中太一だったが、6回に四球で出したランナーを盗塁と暴投で3塁へ進めて、タイムリーで1失点。7回登板の3番手野間口は、不安定ながらも失点せずに切り抜けたが、8回登板の須永はヒット2本を打たれ、2死1-3塁で一走(松井淳)が飛び出したのを、キャッチャーが牽制で刺そうとした間に、三走(西浦)が本塁に走り込んで1失点。ただまあ、これは巨人の内野の守備の問題だから、必ずしも投手の責任じゃないかな。
ヤクルトは2番手以降のピッチャーが、まずまず好投して(江村2回、松岡2回、竹下1回、七條1回)、巨人を0点に抑え、9-4でヤクルトが勝った。

ヤクルトの投手陣では、特に松岡が好投していた印象。中継ぎは、ボチボチ入替も必要になってくるだろうから、この辺の選手たちは重要だと思う。松岡が良くなってきたのなら、少し安心できるけどな。
野手では、西浦が当たりまくっていて、センターオーバーの当りを連発。ここんとこの試合を見ていても、内野陣の中では、彼がひとつ抜けてる気はする。
20150502kyujo
20150502end
20150502board

|

« セリーグ ヤクルト対広島(5/1) | トップページ | J1リーグ1stステージ第9節名古屋対湘南 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61529694

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(5/2):

« セリーグ ヤクルト対広島(5/1) | トップページ | J1リーグ1stステージ第9節名古屋対湘南 »