« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/27) | トップページ | J1リーグ1stステージ第14節名古屋対山形 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/30)

2015.5.30 (土) 13時 戸田
E 0000000110 2
S 0000100000 1
[敗]中元、[勝]クルーズ、[S]入野

声優が来場してのイベントがあるとかで、朝早い時間から、混み合ってるという情報が流れてきてたが、実際に行ってみると、いつもの休日の戸田より多少多いかな、という程度。ただ、ネット裏の席は、その筋の人間が多かったようで、妙にテンションの高い雰囲気だった。いずれにしても、土手で見てて、イベントにも関心のない俺には、あんまり関係ない話。

試合はうちが山中、楽天は森の先発。
うちの打線はいっこうにヒットを打てなかったが、森の制球が悪くて、四球は結構貰っていた。5回裏、田中雅が四球で出て、犠打と内野ゴロで三進し、川崎のショートへの当りで先制。これは、ショートがファンブルしてたからエラーじゃないかと思ったが、記録は内野安打だったらしい。エラーだったら、そこまでノーヒットなのに先制点、ということになっていたはずだった。
その後、6回、7回にも森を攻めて、チャンスを作ったが、拙攻で潰す。
一方、山中は安定感のあるピッチングで、6回まではほぼ危なげなかった。7回にサード原のエラーからちょっとつまづき、フェルナンドのタイムリーで1点を失って、同点にされた。それでも、この内容なら悪くないと思う。9番で打順にも入っていたから、今日の内容が良ければ、来週、1軍に昇格して、先発する予定じゃないかと思うが、行けるんじゃないかな。
8回表は中元が登板。聖澤にヒットを打たれ、代走島井に盗塁と阿部のヒットで3塁へ行かれると、西村の犠飛で1点を失い、勝ち越された。9回表は木谷が四球は出したが3人で切り抜けたものの、打線は8回裏は大塚、9回裏は入野に無難に抑えられ、試合終了。1-2で負けた。

サード原、セカンド田中雅という、本職じゃない内野手が微妙に足を引っ張っていた気がするが、野手が足りないんだろうから、しょうがないわな。でも、どうしてここまで足りなくなるんだろう。毎年のことながら、本当に故障者が多いってことなんだろうなあ。
20150530kyujo
20150530end
20150530board

|

« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/27) | トップページ | J1リーグ1stステージ第14節名古屋対山形 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61676424

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/30):

« 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/27) | トップページ | J1リーグ1stステージ第14節名古屋対山形 »