« J1リーグ1stステージ第15節新潟対名古屋 | トップページ | JFL2ndステージ第1節マルヤス対栃木ウーヴァ »

交流戦 西武対ヤクルト(6/13)

2015.6.613(土) 14時 西武プリンスドーム
S 000000040 4
L 40002000X 6
[敗]石川、[勝]菊池、[S]高橋朋
[H]L:メヒア(石川)

交流戦、今年は試合数少ないし、ビジターの1試合くらいは行っておこうかと。

先発は、うちが石川、西武が菊池雄星。
菊池が投げてる試合って、1軍でも2軍でも見たことがなくて、ピッチングを見るのは今日が初めてだった。速い球と遅い球の緩急があって、打ちにくそうに見えたが、(今日は?)かなり制球が悪かった。2人に1人くらいの割合で、フルカウントまで行ってた感じ。四球も多かった。 ただ、それは、荒れ球で的を絞れないことの裏返しでもあったみたいだけど。
試合自体は、うちの石川が立上りを失敗して、初回に中村のタイムリーとメヒアのスリーランを食らって4点を失う。その後、徐々に調子を上げたようには見えたが、5回に栗山と浅村に連打され、1死2-3塁になった所で、石山がリリーフ。しかし石山は、メヒアにヒットを打たれて、2走者を還されてしまい、0-6。それでも石山は、それ以上の失点を7回まで何とか抑え込んだ。
打線は四球で走者は出ても、ヒットを打てない状態で、7回までノーヒットノーラン状態。しかも、菊池の調子は次第に上がっていたようにも見えた。ただ、なにせ球数が多いので、最後までは行かんだろうなとも思っていた。で、8回先頭、代打のヒロヤスがセンター前ヒットでノーヒット終了。ここですぐに交代したのは、やっぱり相当、球数が行っていたからだろう。代わってマウンドに上がったのはバスケスだったが、これが全然(^^;。1死後代打ユウイチが、もう少しでスタンドインという当りをライトに放って、2-3塁。山田のタイムリーでまず1点。2死後、川端の2点タイムリー。畠山がヒットでつないだ後、ピッチャーは武隈に代わったが、雄平のタイムリーで4-6まで追い込んだ。
2点差ならまだわからないわけで、8回裏はロマンが登板して三者凡退に打ち取り、9回表に期待を繋いだが、西武のクローザー高橋朋に抑えられて終了。

一時は完全に捨て試合と思えた試合を、接戦まで持ってこれたのは良かったけど、6点リードは重すぎたという感じ。石川は先週も5回半ばで4失点KOだったし、ちょっと休ませた方がいいのかも。

ちなみに満員御礼が出た。ヤクルトファンが、ずいぶん来ていた。
1943108133_245
1943108133_190
1943108133_204
Chyvkijusaaq0qd

|

« J1リーグ1stステージ第15節新潟対名古屋 | トップページ | JFL2ndステージ第1節マルヤス対栃木ウーヴァ »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61739877

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 西武対ヤクルト(6/13):

« J1リーグ1stステージ第15節新潟対名古屋 | トップページ | JFL2ndステージ第1節マルヤス対栃木ウーヴァ »