« 交流戦 西武対ヤクルト(6/13) | トップページ | J1リーグ1stステージ第16節名古屋対柏 »

JFL2ndステージ第1節マルヤス対栃木ウーヴァ

2015.6.20(土) 13時 豊田市運動公園陸上競技場
観客 321人 主審 宇田賢史

 FCマルヤス岡崎 0(0−2)3 栃木ウーヴァFC
           (0−1)

 得点 5分 栃木・内山
    28分 栃木・福田
    61分 栃木・若林

ようやく今季JFL初観戦。前回が去年の5月だから、ずいぶん間が空いた。新構成になったら、いまいちモチベーションが上がらなくて…。今回は豊スタの名古屋対柏に行ったついで。

豊田市運動公園陸上競技場は初めて行ったけど、名鉄三河線の猿投駅から徒歩20分弱で行けたし、道も分かりやすくて行きやすかった。猿投自体も、もっと山奥かと思ってたが、豊田市駅から10分くらいしかかからず、全然楽勝だった。駅近くにサークルKもあるし。

マルヤスは初めて見るチームだし、今年のJFLの順位とかも知らんから、力関係もまるで知らずに見てたが、栃木の1トップに若林学を発見した時点で、栃木に肩入れすることは決定(^^;)。大宮時代から知ってる選手だからね。
けっこうモッサリした動きで前に張ってるだけ?みたいな感じだったけど、J1経験もある選手だし、このレベル、この相手では存在感抜群。それに周りを固める選手たちがよく動いて、若林との連携も良かったので、いい攻撃が作れていた。
開始5分に右からのクロスを若林がポストして、内山が蹴り込み、栃木が早々に先制。
28分に栃木、濱岡のFKを福田が合わせて2点目。
後半16分にも栃木、トップ下から出たパスを、ゴール前でフリーで受けた若林がきっちり決めて3点目。
豊スタへ行くんで、後半30分で撤退したけど、そのままのスコアで試合終了したらしい。

マルヤスは一所懸命やっていて、カウンターで反撃する場面も結構作っていたから、試合自体は面白く見れたけど、すべての面で栃木が一枚うわてという印象は否めなかった。俺の知ってる限り、栃木UVAはJFLでは決して強い部類のチームじゃないはずなんで、そこに対して、この内容ってことは、マルヤスにとってJFLはかなり厳しい場所なのかなと思った。
でも、後で確認したら、1stステージはマルヤスが14位で栃木が15位だったんだねえ(^^;。なんでこの試合は、こんなに圧倒的な試合(しかも栃木の完勝)になっちゃったんだろうな。

それにしても、試合自体楽しめたし、若林のゴールまで見れたから、いい観戦だった。
やっぱりJFLはいいな、変に殺気立ってなくて、と思った。見に行こうという気持ちが、戻って来た気がする。
20150620stadium1
20150620flag1
20150620board1

|

« 交流戦 西武対ヤクルト(6/13) | トップページ | J1リーグ1stステージ第16節名古屋対柏 »

JFL(2014年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61813914

この記事へのトラックバック一覧です: JFL2ndステージ第1節マルヤス対栃木ウーヴァ:

« 交流戦 西武対ヤクルト(6/13) | トップページ | J1リーグ1stステージ第16節名古屋対柏 »