« 感想「ドリフトグラス」 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第1節湘南対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対阪神(7/1)

2015.7.1 (水) 18時 神宮
T 010200010 4
S 00301200X 6
[勝]成瀬、[S]バーネット、[敗]歳内
[H]S:山田(高宮)、T:マートン(成瀬)、梅野(成瀬)、ゴメス(オンドルセク)

交流戦後初の球場観戦。

先発はうちが成瀬で阪神が岩貞。2回表に成瀬がマートンに一発食らって先制はされたが、割と落ち着いた立ち上がりの試合に見えていた。
しかし3回裏2死後、岩貞がいきなり乱調でストライクが入らなくなる。2連続四球でランナーが溜まった所で、川端の同点タイムリー、さらに畠山の逆転2点タイムリーツーベースで3対1。
でも成瀬が4回表、梅野にツーランを打たれて同点。相変わらず、よくホームランを打たれる…。
ただ、阪神のリリーフの出来が悪かった。4回から登板した歳内に対して、5回裏に四球2つで2死1-2塁にすると、阪神3番手高宮からデニングがタイムリーで勝ち越し。さらに6回には山田がツーランで6対3。
成瀬は5回6回はうまく抑えて交代。7回からロマン→オンドル→バーネットの必勝リレーに持ち込んだ。8回にオンドルがゴメスに一発食らったが、まだ2点あるし、今年のバーネットは信頼してるんで、8回裏途中の9時で球場を撤退した。試合はそのままのスコアで勝利。

阪神の出来が悪すぎ、という感じはちょっと…。首位なのに、これ?、みたいな。ヤクルトも、余裕で勝てるようなチーム状態ではないはずなんだけどねえ。
20150701kyujo
20150701stand
20150701board

|

« 感想「ドリフトグラス」 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第1節湘南対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61841658

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(7/1):

« 感想「ドリフトグラス」 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第1節湘南対名古屋 »