« セリーグ DeNA対ヤクルト(7/20) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第4節名古屋対浦和 »

イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(7/21)

2015.7.21 (火) 13時 鎌ヶ谷スタジアム
S 00020000000 2
F 20000000001X 3
[敗]岩橋、[勝]金平

今季のイースタンは、まだ日本ハム戦だけ見ていなかった。ようやくクリア。

先発は上沢対成瀬という、豪華?と思えなくもない対戦だったが、どっちも2軍で先発してるだけのことはある、という出来。制球は悪いし、ヒットは簡単に打たれるし。
ただ、1回裏の成瀬の2失点はバックの守備が足を引っ張ったもの。故障者続出対策として、バッティングピッチャーから急遽、育成選手に変更になって、ここんとこイースタンの試合に出場している急造レフトのアベケンが、宇佐美のレフト前を後逸して2塁まで行かせちゃったし、鵜久森がセンター前で2塁まで行っちゃったのも、センター川上の守備がまずかったと思う。選手が足りないんだからしょうがないんだけど、金取って見せる「プロ野球」としては、お粗末としか言いようがない。いや、イースタンって、本来そういうリーグなんだけど(試合によって、当り外れはあるが)、近頃、商売絡みで、チームの方に、イースタンを妙に持ち上げたがる雰囲気があるからさ。特にスワローズには。
ただ、成瀬はそんな状態ながらも以降は失点せず、5回2失点で乗り切った。
上沢もかなりヘタレ気味だったが3回無失点。そしてファイターズは、4回から1イニング毎にピッチャーを替える継投。4回の藤岡に対して、ヤクルトは今浪と原の連打で2-3塁として、ここでアベケンが2点タイムリーを打って同点。急造野手とは思えないナイスバッティングだった(^_^;)。
しかしそれ以降は、双方チャンスは作るが決め手を欠き続けた。作るチャンスってのもまた、ピッチャーの自滅だったり、野手のつまんないエラー絡みだったり。いかにもイースタンらしさ満載の泥試合で、2対2のまま、延長へ突入。この時点で3時間半。そこから少し粘って、10回表まで見て撤退したが、10回裏に岩橋が打たれて、サヨナラ負けしたらしい。背後で、岩橋の登板が告げられているのは聞こえていた。岩橋が投げるんなら、戸田なら残って見たけど、鎌ヶ谷はさすがに遠い上、既にかなり遅い時間になっていたからねえ。

それにしても、スワローズはたいがいな内容で、選手が居ないのが理由というのは分かってるんだが、ファイターズもかなりひどかった。ファイターズも、選手が足りてないんだろうか。サードの佐藤正は本当はキャッチャーらしいし、そのせいか、エラーしてたっけな。こんなんでいいのか?、とは思う。
20150721kyujo
阿部健太の打席
20150721abeken
20150721board1
20150721board2
20150721board3

|

« セリーグ DeNA対ヤクルト(7/20) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第4節名古屋対浦和 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61932006

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(7/21):

« セリーグ DeNA対ヤクルト(7/20) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第4節名古屋対浦和 »