« J1リーグ2ndステージ第4節名古屋対浦和 | トップページ | 都市対抗野球準々決勝 王子対日本新薬 »

セリーグ ヤクルト対中日(7/26)

2015.7.26 (日) 18時 神宮
D 021012001 7
S 30310001X 8
[勝]山中、[S]バーネット、[敗]若松
[H]S:山田(若松)、川端(若松)、中村(若松)、D:藤井(山中)、大島(山中)

オールスター後、初の神宮観戦。

中日先発の若松に対して、いきなり無死1-3塁。どっちも守備がちょっと…、というランナー。そこで山田が先制スリーラン。いきなり試合が壊れた感が…。
しかしうちの先発の山中も初回は良かったが、2回以降はぱっとしない。2回表に藤井のツーラン、3回表に大島のソロホームランを食らって、あっさり同点。
と思ったら、3回裏に川端のホームランでまた勝ち越し。さらに山田のヒットをハタケが長打で返し、大引のタイムリーでまた3点リード。4回には中村のホームランで4点差。
それでも山中は安定しない。5回に亀澤にタイムリーを打たれて3点差。6回はルナと平田の連続ツーベースで2点差。ここでピッチャー交代して山哲。山哲?、大丈夫?と思ったら、やっぱり大丈夫じゃなくて、ヒットと四球で無死満塁。でも桂をゲッツーに取る間に1点は失ったが、代打森野を打ち取って辛うじてリードを維持したまま、この回を終えた。7回はオンドルセクが三者凡退。
中日も5回以降、小熊、又吉が好投して1点差のまま8回。表はロマンが1死満塁のピンチを作りながらも、うまく切り抜けた。裏、ハタケがヒットで出て、大引のタイムリーで返って2点差。
9回表はバーネット。1死後連打で13塁。ここで代打赤坂は二ゴロだったがゲッツーを取り切れず、1点差。しかし最後は平田を遊ゴロに打ち取って逃げ切った。

ワンサイドのつまんない試合になるかと思ったが、終盤まで、緊張感がある試合になって良かった。まあ、山中が打たれ過ぎたからなんで、ちょっと微妙ではあるが…。それにしても、今の打線の勢いは異常だわ(^_^;)。
中日は、いろんな所が残念な感じだねえ。
20150726kyujo
20150726stand
20150726end
20150726board

|

« J1リーグ2ndステージ第4節名古屋対浦和 | トップページ | 都市対抗野球準々決勝 王子対日本新薬 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61970254

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(7/26):

« J1リーグ2ndステージ第4節名古屋対浦和 | トップページ | 都市対抗野球準々決勝 王子対日本新薬 »