« J1リーグ2ndステージ第1節湘南対名古屋 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第2節名古屋対大阪 »

セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12)

2015.7.12 (日) 17時 神宮
B 000100200 3
S 000000000 0
[敗]新垣、[勝]三浦、[S]山崎康
[H]B:ロペス(新垣)、バルディリス(秋吉)

多分、オールスター前最後の観戦。
急に行く気になったけど、スワローズがユニを配る日で、ホーム側チケットは早々にはけてしまっていたので、3塁側内野指定にした。というか、そもそも、あの気色悪い緑ユニだらけの中に居たいとも思わないので、半分は確信犯的に3塁側へ行ったんだけどさ。

先発は新垣と三浦。双方安定感のある、悪くない立ち上がりだったが、4回に新垣がロペスに一発食らって1点先行された。新垣の内容は悪くなかったと思うが、5回の攻撃で打順が回った所で、代打が出て交代。
しかし、代わって登板した6回の中澤はなんとかしのいだが、7回の秋吉がバルディリスに一発食らった上に、自身の牽制悪送球も絡んで、2失点して0対3。
打線はチャンスは作るものの、6回まで三浦に要所を押さえられて無得点。8回にも3番手エレラの不調(というか、エレラって、俺が見た範囲ではあんまり大したピッチャーじゃなさそうだが…)に付け込んで2死1-3塁としたが、リリーフの林に抑えられ、9回の山崎からも得点出来ず完封負け。併殺などの拙攻の多さが致命傷だった気がする。

ヤクルトは故障者続出で、今は選手が足りない状態のわけで、正直、現時点で1軍でスタメンで出れるレベルにあるとは思えない松井淳と武内が揃ってスタメンなのを見て、苦労して組んでるなと思ったんだが、案の定の結果だった、という感じ。むしろ、このメンツで一昨日、昨日と連勝出来たのが不思議だったけど、DeNAも(故障かどうかは知らないが)居るべき選手が随分居ない、という印象だったから、どっちも苦しい台所事情なのかもしれない。
オールスターのインターバルで、その辺の事情が少しでも改善するのかどうかが、今後の成績の鍵になるんじゃないかな。
20150712kyujo
20150712stand
20150712end
20150712board

|

« J1リーグ2ndステージ第1節湘南対名古屋 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第2節名古屋対大阪 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/61884198

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12):

« J1リーグ2ndステージ第1節湘南対名古屋 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第2節名古屋対大阪 »