« J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節松本対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/16)

2015.8.16 (日) 13時 戸田
L 010000000 1
S 00120000X 3
[勝]新垣、[S]土肥、[敗]藤原
[H]S:飯原(藤原)、藤井(藤原)、谷内(藤原)

先発は、ヤクルトがとうとう2軍落ちしてしまった新垣、西武は藤原。
新垣は初回、先頭に四球を出したが、次打者の三振ゲッツーで切り抜ける。2回は1死後3連打を食らい、3人目の戸川のライト前をライトの川崎がもたついたこともあって、1失点(ライトのエラーになって、新垣に自責点は付かないかもしれない)。しかし3回以降は、ランナーは出したものの、6回まで無難に切り抜けた。いい出来とは言いにくい内容だけど、要所は抑えてたし、いい球を投げていた印象はある。
打線は、西武先発の藤原の右手サイドスローにとまどったのか凡退の山。と思ったら、3回裏に飯原がレフトへホームランで同点。ただ、一回り目の出塁はこれだけ。しかし二回り目に入った4回、藤井と谷内に連続ホームランが出て、3-1と逆転。5回にも2安打と四球で1死満塁まで攻めたが、得点にはならなかった。
西武は6回から(佐野→中郷)、ヤクルトは7回から(岩橋→中元→土肥)継投に入り、以降は淡々と進んで、そのまま終了。

牽制死や盗塁死(主に三振ゲッツー)が、やたらと多かった気がする。暑くて選手の判断力が鈍っていたかな。もっとも曇っていて、風も結構あったので、ひどく暑いというほどでもなかったとは思う。ちなみにスコアボードの旗を見る限りでは、レフトからライトへ吹いていたようで、ライトへ飛んだ藤井のホームランは風に乗ったような印象。飯原と谷内はレフト方向だったので、風はあまり関係なかったかなと思った。

新垣は、イースタンでの登板なんで、もうちょっと、完璧に近いピッチングが欲しかった気はする。再昇格は、1軍の状況次第ってところか。
ミレッジが4番レフトでフル出場したが、全く当たりがなかった。そんなに見てるわけでもないが、他の試合でもそんなにいい当りを見せてるという印象はないし、1軍が待ってる、というほどの状態ではないと思う。
20150816kyujo
20150816end
20150816board

|

« J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節松本対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62097600

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/16):

« J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節松本対名古屋 »