« J1リーグ2ndステージ第5節山形対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/5) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(8/2)

2015.8.2 (日) 13時 戸田
F 0000200021  5
S 0000000402X 6
[勝]土肥、[敗]大塚

これで多分、戸田でイースタンの全球団見たことになるはず。今季、日ハムはあと一度しかチャンスがなかったんで、いろいろ迷ってたが行ってしまった。暑かったが、割と雲が出ていたのと、川沿いなんで、風はそれなりに涼しかったから、思ってたよりは体力的には楽だった。それでも、かなりバテたが。

先発はうちが村中、ハムは斎藤佑樹。微妙に観客が多いなと思ってたが、そういうことだったらしい。でももう、微妙に、程度になっちゃったな>斎藤。早稲田の名前の入ったTシャツとか着た観客もいたけれど。
村中は初回から毎回、四球を出しては何とかしのぐ繰り返しだった。5回には四球を二つ続けて無死1-2塁とした後、日ハム松本が3塁線にバント。これの1塁への送球(村中の送球? ちゃんと確認出来てなかったが、村中にエラーが付いているので)が、走者と交錯した感じで逸れ、2点を失って、さらに次打者にも四球を出した所で降板。失点はともかく、4回0/3で7四球はちょっとひどすぎる。
それに比べると、斎藤はまだ安定していて、バックの好守もあったが、5回3安打無失点で交代。もう少し投げさせてもいいんじゃ?と思ったが、よそのチームのことなんで、まあ、それはどうでもいいわ。
先発が降りた後、うちは寺田、七條、岩橋のリレーで8回まで0点で抑えた。ハムは上沢に交代したが、若干安定感がなく、8回に井野、川上の連打と西浦四球で1死満塁から松井が2点タイムリーを打って同点。さらに西田のツーベースで2者還って4-2と逆転。
これはいい勝ち方、と思ったんだが、9回表に登板した木谷がダメ。連打と犠打で1死2-3塁とされた後、松本のタイムリーで1点差。それでも続く太田を遊ゴロに打ち取り、6-4-3ゲッツー試合終了、と思いきや、セカンド川上が1塁悪送球でゲッツーが取れず、1点入って同点。9回裏は上沢に抑えられ、延長へ。
延長10回、うちは中元が登板したが、1死後、四球とヒットで1-3塁として、大島にタイムリーを打たれて勝ち越される。土肥がリリーフして、なんとか1点差に収めた。その裏、ハムのピッチャーは大塚。こっちもダメ(^^;。先頭の藤井がヒットで出て、1死2塁から松井が同点タイムリーツーベース。続く谷内は倒れたから、延長11回が濃厚、くど過ぎる試合だなと思ったが、ここで西田が左中間にヒット。松井が帰ってサヨナラ勝ちで決着が付いた。助かった(^^;。

20150802kyujo
20150802end
20150802board

|

« J1リーグ2ndステージ第5節山形対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/5) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62014125

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(8/2):

« J1リーグ2ndステージ第5節山形対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/5) »