« J1リーグ2ndステージ第9節広島対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯準々決勝第1戦大阪対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/29)

2015.8.29 (土) 13時半 戸田
G 00200000000 2
S 01000001000 2
[H]G:橋本(由規)

13時プレイボールと思っていて、雨模様だけど中止じゃないらしいことが分かって、一応行ってみることにしてからも、13時には間に合わない時間だったので、だらだら動いていた。だから到着は13時40分くらいだったんだけど、なぜか1回表が終る所。実は13時半プレイボールだった(^^;。
さっさと動いてれば、プレイボールに間に合ったかもしれなかった。まあいいけど。

先発はうちが由規で、巨人が松本竜。2回裏に飯原がツーベースで出て、松井淳がタイムリーで返して1点先制。しかし3回表に由規が、横川を四球で出した後、橋本にツーランを打たれてあっさり逆転。由規は3回で降板。俺は2イニングしか見てないし、見た範囲では、良かったとは言えないにしても、ひどかったというほどでもなかった。まだ慣らし運転の最中ってことなんだろうな。一体復帰はいつ? というか、本当に復帰するのか?
打線はその後、松本に対して、ランナーは出すが、決め手なく追加点が奪えない。投手陣は、4回に登板したウーゴがヒットと2四球で1死満塁のピンチを作ったが何とか持ちこたえ、5-6回の七條は無難、7回の土肥は2安打と死球で2死満塁としたが、ここも持ちこたえた。8回表を岩橋が三者凡退で抑えた後の8回裏、巨人の投手は7回から矢貫に代わっていたが、簡単に2死を取られた後、森岡と谷内が連打で1-2塁として、飯原が中前打で森岡が還って同点。しかし、続くデニングは三振で逆転ならず。
9回は双方ともランナーを2塁まで送ったがここも決め手なく、延長へ。10回は双方三者凡退で、最終回の11回に突入。この辺になると、空が曇っていたこともあり、5時を完全に回って、だいぶ薄暗くなってきていて、選手もボールが見にくくなってたんじゃないかと思う。戸田はナイター設備は皆無だし。
11回表は、9-10回を抑えた木谷に代わって、中元が登板。四球とヒットでいきなり無死1-3塁のピンチ。中島がリリーフで登板して坂口を三振に取った後、大累の打席で巨人はスクイズを仕掛けてきたが、これが失敗で2死3塁になった。結局、大累は三振でヤクルトの負けはなくなった。
11回裏は1死後西浦が相手エラーで出塁し、盗塁で2進。松井淳敬遠で1死1-2塁としたが、山川三振、藤井遊ゴロで試合終了。引き分け。

実際の試合時間自体は4時間15分てとこだから、長いといっても延長戦をやってることを考えれば、まあ、そこそこくらいだろうけど、開始時間が遅かった分、えらく長い試合を見たような気分になった。今まで戸田で試合を見た中で、一番遅い時間まで居たかもしれない。まあ、そもそも、長い試合、特に延長戦だと、途中で帰っちゃう傾向もあるし>俺(^^;
20150829kyujo
20150829end
20150829board

|

« J1リーグ2ndステージ第9節広島対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯準々決勝第1戦大阪対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62180907

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/29):

« J1リーグ2ndステージ第9節広島対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯準々決勝第1戦大阪対名古屋 »