« 練習試合 ヤクルト対青山学院大学(8/12) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節松本対名古屋 »

J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜

2015.8.12(水) 19時 パロマ瑞穂スタジアム
観客 17093人 主審 西村雄一 副審 名木利幸、伊東知哉

 名古屋グランパス 0(0−2)3 横浜F・マリノス
           (0−1)

 得点 29分 横浜・齋藤
    45分 横浜・アデミウソン
    86分 横浜・伊藤

skyAの生中継で見ていた。

代表明けの川又・永井を休ませて、先発から外してた時点で、嫌な予感。ただ、立上りは名古屋はいい形を作っていたし、マリノスは必ずしもうまくいってない感じだったから、そんなに悲観したもんでもないかな、と思っていた。
ただ、決めるべきところで決められないうちに(毎度毎度言いたかないけど、やっぱりノヴァコとか)、自ゴール前に入った所を、竹内が詰め切れなかったボールが、齋藤に渡って決められる、ちょっと嫌な形での失点で先制される。その辺から、流れは横浜に行き始め、アデミウソンのミドル(竹内に当たって、絶妙な角度でゴールに向かったので、ナラにはどうしようもなかった)でもう1点失って前半終了。途中から名古屋の選手は、マリノスのスピードやプレッシャーに、全く対抗できなくなっていたように見えた。
後半、結局、川又と永井を投入。それでいくらか、攻撃の形は良くなったようには思えたけれども、決定機をうまく作れないのは相変わらず。マリノスの追加点もなかったが、マリノスには少なくとも2発、ゴールの枠に当たってきわどくゴールにならなかったシュートがあった。どっちがゴールに近かったかといえば、明らかにマリノス。
で、結局、終盤に途中交代で入った伊藤翔にもゴールを決められ、0-3で敗戦。完敗としか言いようがない。

ここんとこ、順調に勝ち点が伸びていて、うっかりしてたけど、やってるサッカーが内容的に良くて、結果が出ているわけじゃないってのを、改めて感じさせられたなと。
かなりつまらない試合だった感じ。

|

« 練習試合 ヤクルト対青山学院大学(8/12) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節松本対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62206833

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜:

« 練習試合 ヤクルト対青山学院大学(8/12) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節松本対名古屋 »