« BCリーグ 群馬対武蔵(8/11) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜 »

練習試合 ヤクルト対青山学院大学(8/12)

2015.8.12 (水) 13時 戸田
A 000101001 3
S 010000001 2
[勝]岡野、[敗]平井
[H]A:吉田(赤川)、佐藤(大場)

大学との試合。勝ち負けはどうでもいい、とは思いつつ、とりたててメンバーを落として臨んでいる風でもなかったし(というか、故障者だらけで、選べるほど使える選手が居ない)、さすがに負けるのはまずいよな、と思っていたが…。

ヤクルト先発は田川で、初回にヒットと四球で2死2-3塁まで攻められるが、何とかもちこたえる。その後も制球不安はあったものの、3回まで投げて無失点で終えたから、まあまあ。
打線は2回に荒木がヒットで出て、原がツーベースで返して先制。この辺までは、プロの貫録を見せたという感じだったが、ここから先細りに…。次第に、岡野の低めに決まる威力のあるストレートに押され放しになる。カウントを取りに来るスローカーブは、いまいち決まってない感じだったけれども、制球も決して悪くなく、変化球でもうまく攻められて、凡退の山。結局、8回まで4安打に抑えられていた。
その一方で投手陣は、4回に登板した赤川が吉田にライトへホームランを打ち込まれて同点。5回登板の中島は、今年加入した育成選手で、初見だったかもしれない。内野ゴロ三つできっちり捌いたが、6回登板、久々に見る平井は、先頭打者に死球、その後、盗塁とバッテリーエラーで3塁まで進まれ、また吉田にタイムリーを打たれて逆転される。平井はその後も四球でランナーを溜めて、1死満塁のピンチを作った。なんとか切り抜けたとはいえ、復活までの道はかなり遠いのかもしれない。故障以前は、期待の若手だったのに>平井諒。
7回は岩橋、8回は中元がきっちり抑えたが、9回は大場が佐藤にホームランを打たれて1-3とさらに点差が広がる。
9回裏、青学のピッチャーは岡野に代わって上野。いきなり先頭の谷内がツーベース。投球に抜け球も多く、これは9回裏で逆転サヨナラかなと思ったんだが、あっさり2死。そして西浦の打球は投直、と思ったが、勢いが強くてグローブをはじいて内野安打。そして原がレフト前にタイムリーを放って1点差。西浦は3塁まで進み、一打同点となったが、山川左飛で試合終了。

相手投手(岡野)を褒めるしかないなあと思いつつ、さすがにちょっとさみしい試合結果。
ちなみに岡野は、やっぱり、結構、注目されているピッチャーらしい。そうだろうな、という感じ。
20150812kyujo
20150812siai
20150812board

|

« BCリーグ 群馬対武蔵(8/11) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62069581

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 ヤクルト対青山学院大学(8/12):

« BCリーグ 群馬対武蔵(8/11) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対横浜 »