« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/29) | トップページ | 「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」 »

ナビスコ杯準々決勝第1戦大阪対名古屋

2015.9.2(水) 19時 万博記念競技場
観客6064人 主審 木村博之 副審 村上孝治、川崎秋仁

 ガンバ大阪 1(1-0)1 名古屋グランパス
        (0-1)

 得点 6分 大阪・二川
    76分 名古屋・野田

多分、名古屋が万博でやる最後の試合。スカパーオンデマンドでライヴで見てた。ここでの試合は、結局、一度も見に行けなかった。縁がないスタジアムだった。

なにせ低調だったと噂に聞く、名古屋のここんとこ2試合のリーグ戦を、まるで見てないので、どういう試合になるのか、見当もつかずに見始めたんだが。

竹内、牟田、大武の3バック。ウィングは本多と貴章。ボランチがイソと小川で、矢田と杉森が2シャドーみたいなイメージだったのかな。1トップは川又。
開始6分に早々に失点。ゴール前でごちゃごちゃ繋がれていたけど、それでも何とか凌げそうだったのに、最後に打たれたへろへろのシュートがDFに当たって少しコースがずれた分、ナラが反応しきれなくて入っちゃった。がっくりくるような失点。
以降の試合展開もサッパリ。川又にほとんどボールが入らないし、入ってもサポートが薄いので、まるで形にならない。杉森もよく動いてはいるけれど、最後にミスでボールを失う場面がやたらと印象に残ってしまって。ただ、スピードも寄せも明らかにうわてなガンバに、中盤でボールを奪われて、度々チャンスを作られながらも、何とか最初の失点だけで踏みとどまれたのは、3バックが奮闘したおかげだったかな、という気はする。今年、竹内はほんとによくやってると思う。

後半、杉森に代えて野田。移籍1年半での初登場(^^;。しかし、これがぱっとしない。まだ杉森の方が、動いて後ろと前をつないでいただけ良かったんじゃない?というくらいの感じで、その影響もあったのか、後半の前半は、前半以上にガンバが優勢なワンサイドゲーム。名古屋には全く望みは無さそうに見えたんだが…。
後半半ばに、西野は川又を下げてレオを入れ、野田と貴章の2トップ。これが的中しちゃう。貴章が右サイドで受けて、中へ入れたクロスに野田がピンポイントで合わせてゴールを決めて同点。今年時々起きる、西野の謎の神がかり采配が今日も(^^;。
これで急に元気になった名古屋。とはいうものの、地力の差は如何ともしがたくて、ようやくイーブンに近づいたくらいだったと思う。それでもロスタイムに、ガンバのDFのバックパスがGKと連携が合わずに、ボールがゴールへ向かう場面があり、入れば勝てるぞ、こんな試合で(^^;、と一瞬、夢を見たけど、残念ながらポストに弾かれた。貴章が詰めたけど(えらいなあ、貴章)、ちょっと間に合わなかった。

そうはいっても、この内容で引分けなら上々の結果じゃない? しかも、アウェイゴールを1点持ち帰り。1点くらいじゃあ、そんなにアドバンテージにもならんと思うけれどね。むしろ、名古屋の場合、0-0で逃げ切ろうなんて色気を出した瞬間に負けそうだし、逆効果かも?(^^;
でもまあ、日曜の瑞穂の試合に期待を残して終わったわけだから、良かったと思うよ。日曜も厳しい試合になるとは思うけれどねえ。
で、野田は、結局、ゴールの場面だけだったと思う(^^;。まだ復帰戦だから、しょうがないかも。段々にでも、これから戦力になってくれればいいや。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/29) | トップページ | 「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62488455

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯準々決勝第1戦大阪対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/29) | トップページ | 「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」 »