« J1リーグ2ndステージ第10節名古屋対仙台 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(9/16) »

イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(9/12)

2015.9.12 (土) 16時 ジャイアンツ球場
S 100110020 5
G 41030100X 8
[敗]寺田、[勝]メンドーサ、[S]香月

久しぶりのジャイアンツ球場。これで今年のイースタンは、楽天以外のビジターゲームに全部行ったことになる。とはいえ、楽天が一番ハードルが高いわけで、正直、ここへ行ってないと、あんまり意味ないかなという気もするけど。

稲城市市民デーとかで、市民が招待されていたようで、観客がかなり多かった。1606人と発表されていた。市内のゆるキャラらしいのも来場していた。

先発はうちが寺田で巨人が内海。
寺田の先発は、先週戸田で見てボロボロだったから、どうかなと思ったけど、とりあえずその前に内海がイマイチだった。1回表、谷内が四球で出て、飯原のタイムリーツーベースであっさり先制。
けれども寺田はやっぱりダメで、1回裏、1死後の5連打、その後、もう1安打を打たれて4失点。2回も続投したが、ヒット1本と2四球で1死満塁とした所で降板。代わったウーゴは内野ゴロで1点失ったものの、それだけに止め、3回は三者凡退の好投。しかし飯原とデニングの連打で1点返した後の4回裏、4安打で3点を失い、この回まで。
不安定感のあった内海も、そのせいかどうかは知らないが、4回までで降板して5回は松本竜。松本から谷内のタイムリーで1点取り、1死1-2塁として、当たっている飯原に繋いだ所で、ピッチャーはメンドーサ。ここで飯原は三ゴロゲッツーに倒れ、この回1点止まり。
以降は淡々と進んだが、8回表にヤクルトがヒットと四球で無死1-2塁とし、デニングがタイムリーで1点。続く松井はゲッツー。ただしこの間にもう1点入り、5対8の3点差までこぎ着けたんだが、ここまでだった。
内海は4回で降板したので、勝ち投手はメンドーサに付いた。

寺田は今年はもう1軍は無理じゃないかと思う。というか、そもそも一度、1軍で投げたこと自体、少し驚いたんだけど。今日、3番手で2イニング投げた古野は、さすがに2軍では安定感を見せていて、多分、そのうち1軍に戻るんじゃないかな。
で、飯原はどうするつもりなんだろう。打撃好調は間違いないんで、代打要員で上げてもいいんじゃないかと思うんだが…。
20150912kyujo
20150912chara
20150912end
20150912board

|

« J1リーグ2ndステージ第10節名古屋対仙台 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(9/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62269657

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(9/12):

« J1リーグ2ndステージ第10節名古屋対仙台 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(9/16) »