« 感想「髑髏の檻」 | トップページ | トップイースト1部秋田対ヤクルト »

J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対新潟

2015.10.24(土) 14時 パロマ瑞穂スタジアム
観客 12045人 主審 山本雄大 副審 蒲澤淳一、金井清一

 名古屋グランパス 4(0−1)2 アルビレックス新潟
           (4−1)

 得点 45分 新潟・山崎
    71分 名古屋・永井(PK)
    74分 名古屋・田口
    78分 新潟・指宿
    85分 名古屋・川又
    90+4分 名古屋・永井

今季瑞穂最終戦で、楢崎のJ1リーグ戦600試合出場記念試合。初めての(^^;)パロマ瑞穂での現地観戦。久々の名古屋。

前半、名古屋が押し気味に試合を進める。相変わらず連携とかは全然ダメだが、気合いは感じられたし、(名古屋にしては)よく動いて、ボールもつながっていたと思う。
でも、立ち上がりに小川が右サイドを駆け上がってゴール前にクロスを入れ(ゴール前の選手たちがモタモタしてるうちに逸機したが)たのを手始めに、田口のCKをツリオのヘッダー(GKの頭直撃で決まらない)、田口の直接FK(わずかに枠外)、パスワークで崩して小川のシュート(ポストに当たり、ゴール前の誰もいない所へピンポイントで転がる)などなど、決定機は何度も作るが、運もなく、一向に得点にならない。
前半終了間際、新潟の山崎が、ドリブルから持ち込んでシュートしたのが決まり、あっけなく先制されて折り返し。名古屋にしては、珍しく悪くない試合をしているのに、またやらかしてしまうのか、みたいな感じ。

後半は立ち上がりから新潟が攻勢。前半、狙いは分かってもいまいち噛み合ってなかった試合の組み立てが改善されて、名古屋ゴールを脅かす。でも、やらかし感がどんどん強まっていた矢先の25分に、田口がペナルティ内で倒されてPKゲット。これを永井が決めて同点。故障から復帰しての先発ながら、身体が重そうで動きの悪かった永井に、敢えてPKを蹴らせた意図は何だったのかな。
でも、ここから急に永井と名古屋が活気付いたのは確か。30分頃、永井が左サイドからゴール前の浅い位置にいた田口へパス。ミドルレンジから打った田口のシュートは、きれいにゴールの中へ決まって逆転。
この勢いで一気に行けるかと思いきや、直後にがら空きの左サイドから入ってきた指宿のシュートで、また同点にされる。
けれども40分頃に、永井が左からゴール前に入れたボールを、途中出場の川又がニアで合わせて再度勝ち越し。二人のコンビネーションが輝いていた去年の後半戦を思わせるゴール。
ロスタイムには新潟陣内に蹴り込まれたボールに永井が詰めて、新潟GKより一歩早く触って蹴ったボールが止めの一撃。
永井の後半2ゴール2アシストで、終わってみれば4対2の快勝。

言いたいことはいろいろあるけど、楢崎の記念試合を勝ちで飾れたのは、本当に良かったと思う。
それにしても20分で4得点なんて、なかなかないよな。どういう経緯だったのかは知らないけど、PKが永井に火を付けたなあ。いい判断だったわけだ。

新潟は、鳥栖戦を見た後で見ると、難しいことをやろうとし過ぎてるような気がする、と思った。プランはあるけど、チームのスキルが追い付いていないような…(まあ、プランと言っても、チームが、というより、多分にレオ・シルバのセンスのような気はしたが)。まあ、プランがないよりは全然いいんだろうけど、個人の力でプランのないチームが勝つこともある、ってのが、今日の試合だったかな、という気はしないでもない…(^^;) 。
20151024paloma
20151024stadium
20151024seika
20151024board
20151024end
20151024albirex

|

« 感想「髑髏の檻」 | トップページ | トップイースト1部秋田対ヤクルト »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62556146

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対新潟:

« 感想「髑髏の檻」 | トップページ | トップイースト1部秋田対ヤクルト »