« クライマックスSヤクルト対巨人(10/17) | トップページ | 感想「想像ラジオ」 »

JFL2ndステージ第11節横河対沼津

2015.10.18(日) 13時 味の素フィールド西が丘
観客 990人 主審 西水流優一

 横河武蔵野FC 0(0−1)2 アスルクラロ沼津
          (0−1)

 得点 5分 沼津・蔵田
    63分 沼津・鈴木

今年初めて(で、多分、最後)の横河の試合観戦。沼津を見るのは、初めてのはず。沼津に加入したゴン中山が来るとか来ないとかいう話もないではなかったらしいけど、まあ、来なかったわけで、集客効果はあったのかどうなのか。観客990人は、横河ホームゲームとしては多いと言えば多い部類だけど。

で、場所は西が丘だったが、「味フィ西」になってからは、来たのは初めてで、どうも、2012年以来だったかもしれない。バックスタンド側には見覚えのない建物が建ってたりしたし。

試合は、圧倒しているとか、そういうレベルではないんだけど、ひとつひとつのプレーが、少しだけ上回っていて、総量として沼津がうわてに見えていた感じ。特に差を感じたのは球際の強さ。ただ、沼津は、そこへ飛び込めば横河が足を出してくる&かわせない、という計算づくで走り込んでるような所が、少しあるように、俺には見えた。そうやってファウルを貰って、ボールを奪ってるような場面が結構あったように感じたので(それ、沼津が飛んでるだろ、と思ったけど、横河のファウルになった場面が何度かあった)、沼津の方がいいとは、必ずしも思えなかった。
もっとも沼津は、戦術的には、サイドへ展開したり、縦に放り込んで裏を取ろうとしたり、アイディアのあるサッカーをしようとはしてたとは思う。横河は、ボールを回すだけで、連携も鈍かったし、これじゃあチャンスを作れない、という感じの試合運びで、物足りなかった。
前半5分に、沼津の10番がゴールの右斜め手前から蹴った直接FKが、ゴール前でバウンドしてGKが合わせきれずにゴールの中へ入って、沼津が先制。その後も沼津が優勢に試合を運んだが、追加点は後半15分過ぎまで生まれなかった。追加点は、ゴール正面からのミドルをGKがセーブしたが、はじき返したボールが味方の選手に当たってこぼれた所を押し込まれたもので、横河にとっては、だいぶアンラッキーだった。
その後、だいぶ暑かったせいもあるのか、沼津の動きが落ちて、ようやく横河がゴール前まで攻め込める時間帯が続くようになった。後半から攻撃的な中盤に入った永露の効果もあったかもしれない。でも固められたゴール前を破れない。逆に、沼津にカウンターを食らって、止めをさされそうな場面も何度かあり、そこは何とかこらえたが、スコアが動かないまま試合終了。

今日見てた試合の印象からすると、実力通りの結果。横河は、だいぶ厳しい状況になってるなあ、と思った。2ndステージは勝ち点8で現在15位らしいけど、通年では12位で、下位との間にそこそこ勝ち点差は付けているので、降格とかはなさそう、かな。1stの貯金(勝ち点17)が効いてるという感じか。1stと2ndで何が変わったんだろうとは思ったけど、残り4試合だから、2ndもまだ1st並の勝ち点に到達する可能性はあるし、単に対戦相手の巡り合わせとかだったりするのかもしれないね。
20151018board
20151018stadium
20151018yoko
20151018numa
20151018end

|

« クライマックスSヤクルト対巨人(10/17) | トップページ | 感想「想像ラジオ」 »

JFL(2014年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62504486

この記事へのトラックバック一覧です: JFL2ndステージ第11節横河対沼津:

« クライマックスSヤクルト対巨人(10/17) | トップページ | 感想「想像ラジオ」 »