« J1リーグ2ndステージ第14節鳥栖対名古屋 | トップページ | JFL2ndステージ第11節横河対沼津 »

クライマックスSヤクルト対巨人(10/17)

2015.10.17 (土) 18時 神宮
G 000020000 2
S 21000000X 3
[勝]杉浦、[S]バーネット、[敗]ポレダ

ヤクルトが勝てばプレーオフ突破で日本シリーズ出場が決まる試合。

先発は杉浦とポレダ。
杉浦ってのは意表を突かれたけど、初回は元気のない巨人打線を簡単に3人で打ち取る。
その裏、巨人は拙守連発。比屋根のツーベース(これも近くにいた巨人ファンは外野の守備がまともなら、単打で済んだと言ってたが、俺としては微妙。足の速さだけは間違いない比屋根だし)の後、野選で無死1-3塁。ここで限りなく野手のエラーに近い、山田のヒットが出て先制する。さらにバレンティンの併殺打の間にもう1点。2回もサード村田のエラーから、比屋根のタイムリーで追加点。
杉浦は本当に良かったのは初回だけで、以降はピンチの連続だったが、チャンスで打てない巨人打線に救われる。それでも5回に、2死2-3塁で、ついに阿部に2点タイムリーを打たれ、さらに次の長野がレフトへ大飛球。でもこれがスタンドには届かないのが、今の巨人。
6回表はロマンが登板したが、あまり良くなく、1死3塁で久古に交代し、久古が凌ぐ。7回表は久古が1人打ち取った所で秋吉に代えたが、秋吉はランナー2人を出しただけで(^^;)、オンドルセクに代わり、オンドルセクが抑えきる。あとは8回オンドルセク、9回バーネットの安定のリリーフで逃げ切り。

ヤクルトが、シーズン中そのままの試合運びで、手堅く日本シリーズ出場を獲得。
ただ、ヤクルトの良さよりも、巨人のダメさの方が圧倒的に目について、ちょっと興醒めというか。
まあ、巨人(阪神もだが)が弱かったのが、今年ヤクルトが優勝出来た最大の理由だなというのを、改めて認識させてもらった感じ。ただ、うまくチャンスを捉えたのは間違いない。そこは本当によくやったと思う。

ちなみに、プレーオフに関しては、元々、否定的な気持ちが強かった。それでもこれがあることで、シーズンの終盤戦が盛り上がってるのは確かだから、完全に否定しようとは思ってない。優勝は当分無理っぽいと思えたチームを応援してたこともあるので…。日本シリーズも含めたポストシーズンの一部としての位置付けならいいか、と思っていた。
けれども、今回のプレーオフ突破が、「優勝」と言われて、セレモニーやって、ビール掛けも、ってのは、さすがになんか違う気がしたので、試合後の神宮の雰囲気には、どうも乗れなかった。ビール掛けは見ないで帰った(後で、録画は見たけどね(^^;)。
下剋上で勝ち上がったんなら、また少し感じ方も違ったかもしれないが…。
20151017shomen
20151017kyujo1
20151017kyujo2
20151017board
20151017kanki
20151017hitan

|

« J1リーグ2ndステージ第14節鳥栖対名古屋 | トップページ | JFL2ndステージ第11節横河対沼津 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62504311

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスSヤクルト対巨人(10/17):

« J1リーグ2ndステージ第14節鳥栖対名古屋 | トップページ | JFL2ndステージ第11節横河対沼津 »