« J1リーグ2ndステージ第16節名古屋対甲府 | トップページ | トップイースト1部ヤクルト対横河 »

トップイースト1部秋田対日本IBM

2015.11.14(土) 12時 駒沢陸上競技場

 秋田ノーザンブレッツ 7(0−3)10 日本IBMビッグブルー
             (7−7)  

双方勝ち点0の最下位決戦。多分、これにセコムを加えた3チームで入れ替え戦回避を争うことになると思うんで、今日勝つとかなり大きい。なお、セコムは現時点で勝ち点2で、双方ともセコムとの対戦を残してる。

試合開始前から結構雨が降っていて、多分、そのせいで選手が足を滑らせたり、ボールを滑らせたりする場面が頻発した。ミスが多かったのは最下位対戦だから、というだけではなかったと思う。
特に秋田はSOを軸にしたバックスの展開から攻撃を組み立てようとしてたが、ノックオン多発で思うように試合を作れてなかった。IBMはとりあえず裏へ蹴ってゲインしてという以外、あんまり意図が感じられなかったけど、それすらいまいち空回りしていた印象。前半はあんまり見所ないまま、IBMがPGで3点リードした状態で終了。
雨は前半途中からおさまってきていたようで、その影響か、後半は双方、割とミスが少なくなっていた気がする。
後半序盤は秋田が優勢。立ち上がりにゴール前まで攻め込んだのは取りきれなかったけど、10分に前半からしつこく続けていたパスワークによる崩しがついに成功して逆転トライ。7対3。
しかし5分後にIBMは相手陣内の22mからちょっと入ったあたりでラインアウトを得て、そこからモールでじわじわ押し込み、再逆転のトライまで持っていった。元々IBMの方がFWは優勢に見えていたからね。
秋田は次第に動きが落ちて、ダメかなと思ったけれども、終盤、一気に選手を入れ替えて息を吹き返した。終盤はIBMゴール前、あと一息な所で押し込み続けたが、ここもIBMのFWの優勢が物をいった気がする。IBMが持ちこたえて逃げ切った。
ただまあ、IBMの勝ち点は4、秋田も3点差の敗戦なんで勝ち点1は手に入れたから、まだ決定的な結果ではないねえ。
20151114board1
20151114pitch1
20151114end1

|

« J1リーグ2ndステージ第16節名古屋対甲府 | トップページ | トップイースト1部ヤクルト対横河 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/62731541

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト1部秋田対日本IBM:

« J1リーグ2ndステージ第16節名古屋対甲府 | トップページ | トップイースト1部ヤクルト対横河 »