« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

トップイースト1部ヤクルト対日野自動車

2015.11.28(土) 13時 日野自動車グランド

 ヤクルトレビンズ 13(6−5)38 日野自動車レッドドルフィンズ
           (7−33)  

この両チームにとっての今季最終戦。
日野自動車グランドは初めて行った。
立派に整備された企業グランドで、結構広いスタンドも完備。事業所が近所だから、イベントで使ったりもするんだろうな。スタンドが埋まる程度の観客が来ていて盛況だったのは、近所に住んでる従業員も来てたりするからかな。

日野自動車は結構強いんじゃ、と思ってたが、予想通り。去年見た時、ラインアウトでは無敵だった199cmLOが開始5分で傷んだのは誤算だったろうけど、それでも強いフィジカルと時折見せる速い展開は、かなり手強そうだった。
それでもヤクルトは前半は互角。双方ゴール前まで攻め込みながら凌がれるという攻防を繰り返す中で、エリソンがPG2本を決めて、ヤクルトが6対0と先行。特に2本目は、正面とはいえ、ハーフウェイ手前から蹴ったロングキックだった。逆に日野はSOのキックがあまり好調ではないようで、双方攻めきれない中では、そこがヤクルトのアドバンテージになるかな、とも思った。
とはいえ、前半20分に日野がゴール前に押し込んで、そこからSO起点で速いパスの連続で左隅にWTBがトライ。そのまま、6対5で折り返し。

後半立ち上がりは日野が先手。ゴール前に押し込んでくるのを、ヤクルトが何とか持ちこたえていたが、5分頃にディフェンスの中でエリソンが反則を取られてシンビン。数的不利になって2分後くらいに、日野にごりごり押し込まれて逆転のトライを喫した。さらにその5分後くらいにはラインアウト→モールの展開から、NO8に抜けられて突き放される。15分頃、エリソンがやや難しい角度から狙ったショットが外れた後、自陣ゴール前でのディフェンスで、今度はハミッシュが反則を取られてシンビン。再び数的不利になった所で2トライを決められ、かなり見込みのない点差に。30分頃には、なすすべなくさらに1トライを取られて、試合が壊れたなあ、という感じになってしまった。
しかし、ここからひと踏ん張りして、35分頃、ラインアウトからモールでトライに持ち込み、最後に意地は見せた。

最終スコアは13対38。後半は完敗だった。数的不利が効いての敗戦だったけれど、シンビン2つも、要はフィジカルで押されている中での苦し紛れの反則という感じだったので、結局そこに尽きるかなと。全体的にヤクルトの動きに若干キレがないような気がしたのは、連戦の疲れ? フィジカルが劣勢なのはともかく、連携とか展開の速さとか、強みのあってもいい所で、相手を上回る所を出せなかったな、とは思った。

ヤクルトは今年のトップイーストは5勝4敗で終了。過去のベストシーズンを上回ることは出来なかったけど、栗田工業や横河に勝ったり、東京ガスにきわどい試合をしたり、結構いい試合を見せてくれたと思うんで、今年は悪くないシーズンだったかなと思ってる。
20151128kanban
20151128centre
20151128pitch
20151128board

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワローズファン感謝デー

10時半前に行って、12時半くらいに引き上げた。曇ってたが、引き上げるまでは雨にも降られずに済んだ。その後は、ぱらっと来てたかもしれないけど。
まあ、選手と触れ合いたいとか、トークで裏話を聴きたいとか、特に思ってないし、グッズとか、展示とかを見ようとすると、やたらと並ばないといけなくてめんどくさいし、今や、なんでもかんでも有料になってきてるし、ファン感に対しては、年々ネガティヴな気持ちが強まってるが、とはいえ、年に一度、グランドとか、日頃は入れない所に入れる日ではあるから、それだけでも、ちょっと行ってみる値打ちはあるかなという感じ。

次に神宮に行くのは、もう来年だろうな。冬の間、近くへは行くだろうけどね。
20151123fan
20151123bow
20151123home

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ2ndステージ第17節鹿島対名古屋

2015.11.22(日) 13時半 カシマスタジアム
観客 25151人 主審 扇谷健司 副審 中井恒、間島宗一

 鹿島アントラーズ 1(0−0)0 名古屋グランパス
          (1−0)

 得点 54分 鹿島・中村

現地観戦。グランパスの今季最終戦。極寒では?と思ってたが、案外そうでもなかった。まあ、寒かったけど、そりゃ、カシマスタジアムだからね。

鹿島にステージ優勝の可能性が残っていたとはいえ、得失点差を考えると、事実上は消化試合。それでも鹿島は、可能性がある以上はチャレンジせざるを得ず、大量得点を目指して、立ち上がりからかなりテンパった攻勢をかけてきたが、名古屋が冷静に対応出来ていたこともあって、見事に空回りしていた感じ。
名古屋は消化試合という意識がいい方向に働いたのか、アグレッシブな試合が出来ていたし、大勝はしていても中身はしょっぱかったここ2試合より、ずっといい試合をしていた。一人一人の選手がよく動いて自分たちの取り柄を発揮出来ていて、むしろ鹿島よりもいい内容だったんじゃないかと思う。
ただ前半の終盤になると、個人技で振りきられて攻め込まれる時間帯が長くなり、何とか持ちこたえてスコアレスで折り返した、という感もないではなかった。

ハーフタイムに他会場の途中経過が入って、鹿島の優勝はまずないことがはっきりしたのは、後半の展開に影響したと思う。鹿島がさらに空回りするのを期待してたんだが、これは無理だろうと思った。

で、後半10分頃に中村にミドルを撃ち込まれて失点。ちょっと何かエアポケットのようなタイミングで撃たれて、今日もシュートを止めまくった楢崎も、うまく反応出来なかったように見えた。失点の後、名古屋の選手たちが主審にアピールしてたのは何だったのかな。よくわからなかった。
それでも後半の後半は、名古屋が猛攻を見せた。ただ、今日はみんな、シュートに当たりがなかった。いい感じの枠内シュートも曽ヶ端に阻まれたし。後半ロスタイムのノヴァコヴィッチのシュートもポスト(?)。
まあ、鹿島のホームゲームだし、そうそう毎年嫌がらせも出来んわな。嫌がらせのモチベーションも、今年は去年ほどじゃなかっただろうし(^^;)。

試合後、選手だけでなく、西野以下、スタッフも勢揃いしてサポに挨拶していて、なんとなく、しみじみした感じで終わったように思う。1年がこういう雰囲気で終わったことって、あんまり記憶にないと思ったけど、考えてみると、名古屋で監督が、解任に近い形で交代する時に、シーズン最後まで指揮を取ったケースって珍しいよな。もしかして、あとはカルロス・ケイロスくらいか?

また来年。しかし、来年はどうなるんだろうね。かなり不安…。
20151122board
20151122pitch
20151122end
20151122bow
20151122nsn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部ヤクルト対横河

2015.11.14(土) 14時 駒沢陸上競技場

 ヤクルトレビンズ 20(10−3)17 横河武蔵野アトラスターズ
           (10−14)  

ヤクルトの横河戦というと、3年前の横河グランドでの感動的な勝ち試合を思い出すんだけど、今年のヤクルトは好調だし、横河はいまいち成績が伸び悩んでいるので、その再現はありうると思っていた。

実際、立ち上がりからヤクルトが主導権を握った。開始早々、エリソンが長いPGを決めて先制。その後も、おおむね優勢な試合運び。20分過ぎにPGで同点にされてしまったが、25分過ぎからゴール前に押し続けた末に押し込んで勝ち越しトライ。10対3で折り返し。
後半も立ち上がりにいきなり相手ゴール近くのラインアウトから押し込んでトライで追加点。
15分過ぎ、横河のきれいな連携とFBのステップに振り切られてトライを許したが、すぐ後、左サイドへの展開からWTB西条が縦に突破してトライで10点差。
23分に横河がPGを狙ったが失敗。ここが分かれ目だった気がする。この試合は全体的にそうだったけれど、これ以降、横河は厚みのある攻撃の形をほとんど作れなくなった。焦りもあったのかもしれない。それでも、ヤクルトがほぼ勝ったなと思った後半ロスタイムに入り、横河がヤクルトゴール前に持ち込み、ヤクルトが反則を犯す。横河がリスタートからトライで3点差。しかもヤクルトはシンビンで数的不利に陥った。とはいえ、残り時間が短すぎた。横河にキックオフからトライを取りきるだけの勢いはなかったし、ヤクルトも落ち着きを保って守っていた。横河にスローフォワードがあって、そこでノーサイド。

勝った~、とは思ったけれど、正直3年前のような感激はなかった。勝機はありそう、と思っていたことでもあるし…。難しいもんだ。ただ、とにかく、昇格以来、最高のシーズンになることが見えてきたわけなんで、このまま、残りも2連勝で行ってほしいわ>ヤクルト。
横河は、近年の試合見られた、華やかなバックスの分厚いアタックがなくて、怖さがなかった。選手が代替わりしてるのかな。それでも、最後の粘りは、ここまで積み重ねてきたチームとしてのキャリアを示すものだと思うし、外国人の補強選手の居ない状態で、トップイーストの上位に食い込み続けている成績は立派だと思ってる。
20151114board2
20151114pitch2
20151114end2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部秋田対日本IBM

2015.11.14(土) 12時 駒沢陸上競技場

 秋田ノーザンブレッツ 7(0−3)10 日本IBMビッグブルー
             (7−7)  

双方勝ち点0の最下位決戦。多分、これにセコムを加えた3チームで入れ替え戦回避を争うことになると思うんで、今日勝つとかなり大きい。なお、セコムは現時点で勝ち点2で、双方ともセコムとの対戦を残してる。

試合開始前から結構雨が降っていて、多分、そのせいで選手が足を滑らせたり、ボールを滑らせたりする場面が頻発した。ミスが多かったのは最下位対戦だから、というだけではなかったと思う。
特に秋田はSOを軸にしたバックスの展開から攻撃を組み立てようとしてたが、ノックオン多発で思うように試合を作れてなかった。IBMはとりあえず裏へ蹴ってゲインしてという以外、あんまり意図が感じられなかったけど、それすらいまいち空回りしていた印象。前半はあんまり見所ないまま、IBMがPGで3点リードした状態で終了。
雨は前半途中からおさまってきていたようで、その影響か、後半は双方、割とミスが少なくなっていた気がする。
後半序盤は秋田が優勢。立ち上がりにゴール前まで攻め込んだのは取りきれなかったけど、10分に前半からしつこく続けていたパスワークによる崩しがついに成功して逆転トライ。7対3。
しかし5分後にIBMは相手陣内の22mからちょっと入ったあたりでラインアウトを得て、そこからモールでじわじわ押し込み、再逆転のトライまで持っていった。元々IBMの方がFWは優勢に見えていたからね。
秋田は次第に動きが落ちて、ダメかなと思ったけれども、終盤、一気に選手を入れ替えて息を吹き返した。終盤はIBMゴール前、あと一息な所で押し込み続けたが、ここもIBMのFWの優勢が物をいった気がする。IBMが持ちこたえて逃げ切った。
ただまあ、IBMの勝ち点は4、秋田も3点差の敗戦なんで勝ち点1は手に入れたから、まだ決定的な結果ではないねえ。
20151114board1
20151114pitch1
20151114end1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ2ndステージ第16節名古屋対甲府

2015.11.7(土) 14時 豊田スタジアム
観客 16970人 主審 松尾一 副審 相葉忠臣、穴井千雅

 名古屋グランパス 4(2−1)2 ヴァンフォーレ甲府
           (2−1)

 得点 12分 甲府・バレー
    31分 名古屋・ノヴァコビッチ
    35分 名古屋・永井
    56分 名古屋・田口
    74分 名古屋・ノヴァコビッチ
    90+1分 甲府・下田

ホーム最終戦ということで現地観戦。

序盤の名古屋はダメダメで、ミスパス、抜かれるの繰返し。右からは阿部翔にポンポンクロスを入れられるし。10分に中盤の連携ミスで失ったボールからカウンターを食らい、ゴール前でバレーにフリーで打たれて失点。その後もミスの連続で、度々失点機を作られたけど、甲府の決定力不足にも救われて、どうにか持ちこたえた。
30分に左から崩して、ゴール前でツリオが落としてノヴァコが決める同点ゴール。これがこの試合初めてくらいのチャンスらしいチャンスだった気がするんだけど、これで急に風向きが変わった気がする。5分後には、田口と連携してゴール前でボールを受けた永井が逆転ゴール。
後半は名古屋ペース。面白いようにボールが回せて、ゴール前で何度もチャンスを作り、10分に田口のシュートがDFに当たってゴールに転がり込んで3点目。30分にはハーフウェイ手前でボールを持ったノヴァコが、ディフェンスに競り勝って単独でドリブルで持ち込み4点目。
ロスタイムにミドルを打たれて1失点したけど、特に問題なく、4対2で勝利。序盤のひどすぎる立ち上がりからは想像もできなかった大勝。

中盤の真ん中で、田口がノーマークで好きなようにボールを捌けていたのが大きかったと思ったけれど、そこも含めて、なんであんなに甲府のプレスがなかったんだ?、とか謎。後半の甲府は、めっきり勢いもなくなっていたし。まあ、所詮消化試合で、ビジターゲームでもあるし、モチベーションがあんまり高くなかった、ということなのかな。

しかし、大勝は大勝で良かったんだけど、しょっぱいシーズンの最後だけ帳尻合わせの試合を見せられても、そんなに素直には受け取れないよな。突然2ゴールのノヴァコにしても、いまさら、だよなあ。
そうは言っても、最終節に鹿島相手にこういう試合をしてくれたら、単純に喜んじゃいそうだけど(^^;)。ある意味、今度は名古屋が、この試合の甲府と同じ立場になるわけで、そういう中でどこまでの試合を見せてくれるか。

試合後は闘莉王の「激辛」挨拶とかあったりしたけど、観客がどこまで本気で受け取ったかは、よくわからないや。俺も含めて、そういうのが、あんまりピンと来ない雰囲気のファン・サポーターのチームなんで。ただ、不安定な状況に置かれている選手にストレスがあるのは間違いないだろうし、それは気の毒だと思うし、そういうのって、来年のチーム作りにも、いい影響は与えないんじゃないんだろうか。来年はどうなることか。
西野の挨拶も、最後まで精彩を欠いていた。

それにしても、ホーム最終戦の時期が早過ぎて、ピンと来ないや。もう終わりかよ、みたいな感じ。
20151107stadium
20151107kofu
20151107board
20151107end
20151107aisatsu
20151107goalura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップイースト1部セコム対ヤクルト

2015.11.1(日) 13時 ヤクルト戸田グランド

 セコムラガッツ 27(10−21)42 ヤクルトレビンズ
          (17−21)  

先日の東京ガス戦を見た印象から、今年のセコムは、ここ数年で一番いい状態じゃないかと思っていたけど、その印象に違わない試合だった。
ヤクルトが開始10分にラインアウトからモールで押し込んで先制して、やっぱり力の差があると思ったんだが、今日のヤクルトはディフェンスが立ってしまって、簡単にセコムに破られることが多かった。20分前後に立て続けにセコムに突破され、25分には自陣ゴール前でのラインアウトの素早いリスタートでHOにトライを許して同点。続いて、ゴール前でのラックで、ボールを叩き落とすプレーでセコムにPKを与え、決められて7-10と逆転された。
でも、その直後、FLハミッシュが自陣からの力づくの突破を見せて、あっという間に再逆転。ロスタイムにはラインアウト→モールでもう1トライ。21-10で折返し。

しかし後半もヤクルトのディフェンスの不安定さは直らなかった。
立上り、セコムのPGの後、エリソンとハミッシュの連携でトライを決め、28-13としたが、そこからセコムが攻める攻める、というか、ヤクルトがセコムの攻撃を止められない。10分頃と15分頃にトライを決められ、28-27の1点差まで詰められた。この辺のトライは、セコムに完全に崩されて取られたもので、内容的にも負けていた。
それでもその後、地力で上回る所を見せて、18分頃、セコムゴール前で粘った末に押し込んで突放し、23分頃には、左サイドでパスを繋いでバックスが飛び込んで点差を広げ、セコムの反撃はうまくかわして、逃げ切った。

チーム力自体は、ヤクルトが上だろうと思うけれども、それは、エリソン、ハミッシュという2人の外国人に負う所が結構大きくて、日本人選手だけだったらどうなんだろう、という気はしないでもない。特に今日の試合は、明らかにハミッシュの個人的な力が大きく物を言っていたので。今日のヤクルトのディフェンスの脆さは、去年を彷彿とさせる所があったと思うし、今年は状態がいいと思っていたけど、毎回いい試合が出来るわけでもないなと思った。

セコムは、去年までよくあった、後半に入るとがっくり動きが落ちて、やられ放題になるということがなくて、最後まで戦えていたし、チャンスでのつまらないミスもあまりなく、こんなに安定して試合を運べるセコムを見るのは、本当に久しぶり、と思った。まあ、年に2試合くらいのペースでしか見てないチームなんで、そんなことを言えるほど見てるわけでもない、とは思うけれども、チームの雰囲気が去年までとは、随分変わったような気はする。
応援も多かったし、会社がだいぶ力を入れてくれるようになったんだろうか。そうなら、いいんだけど。
今日は、もう1トライで、勝ち点1を取らせてやりたかったな、とは思った。

まあ、ヤクルトは、出来がいまいちだったとはいえ、それで結果的に競り合った試合になったから、悪くはなかったんじゃないかという気もする。観客は、今まで戸田で自分が見た試合の中で、一番多かったんじゃないかという感じだったし、そういう中で、面白い試合を見て貰えたわけだから。結局、勝ち点もきっちり5取れているしね。
20151101ground

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルト戸田球場(11/1)

ヤクルト戸田グランドにヤクルト対セコムを見に行ったら、球場で、ヤクルトスワローズと西武ライオンズのジュニアチームが、練習試合?をやっていた。というか、13時からやろうとしていた。
ラグビーが終ってから、試合の最後の方だけでも見に来るか、と思っていて、試合後に戻ったら、15時前なのに、もう9回表半ばだった。さすが少年野球は、試合時間が短い。プロ野球とは違う(^^;。

そんなわけで、ほとんど見てないとはいえ、今年最後の「スワローズ」の試合観戦だったかなと。
スコアボードの写真は、数字がもう外され始めているが、1-1の引き分けだった。
20151101play
20151101board
20151101kyujo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »