« トップリーグ順位決定トーナメント13位決定戦リコー対コカ・コーラ | トップページ | トップリーグ決勝パナソニック対東芝 »

トップリーグ順位決定トーナメント3位決定戦ヤマハ対神戸製鋼

2016.1.24(日) 11時40分 秩父宮

 ヤマハ発動機ジュビロ 26(5-17)22 神戸製鋼
             (21-5)  コベルコスティーラーズ

第1試合。第2試合の決勝に向けて来る客がそこそこいるだろうから、まだそこまでは混んでないだろと思って、キックオフ少し前に着いたら、秩父宮は既に大混雑で、余儀なく立ち見。誤算だった(^^;)。やっぱり、五郎丸効果があったのかもしらんけど、明らかにパナ応援の観客がやたらと目立ったし、彼らが用心して、北関東から早々に押し寄せていたのかな? 雪?とかいう話もあったからね。

試合は、序盤はヤマハが攻勢で、トライで先制もしたけど前半半ばくらいから神戸製鋼が主導権を握った。SHのエリスが、気の利いたプレーを連発して、神鋼の逆転を演出した。ヤマハはノックオンなど細かいミスが目立ち、ボールがうまく手に付いてないように見えた。神鋼17対5ヤマハで折り返し。
後半も大きく流れが変わった、というわけではないと思ったが、ヤマハの左右へ揺さぶる攻撃にはうまく対処出来ていた神鋼が、裏へ蹴られると後手を踏んだ感じ。それをとっかかりに、10分にヤマハがトライを押し込み5点差。
さらにその後、双方がターンオーバーを繰り返した後、ヤマハのマレ・サウが持ち込んで、ゴールも決まって逆転。
24分に神鋼がパスをインターセプトして再逆転したが、28分にヤマハがラインアウトから形を作った押し込み、また逆転。
それでもまだ4点差だから、神鋼には、もう一度逆転する可能性は十分残ってたはずだったけど、なんだか元気がなくなっちゃったように見えて、そのままヤマハが逃げ切った。

今季はこの2チームの試合はこれしか見てないから、どこまで当たってるか知らないけど、神鋼の方が個人技に頼ってる部分が大きいのかな、という気がした。ヤマハは相手の出方を見ながら、弱い所を見つけて、チーム全体でペースを変えて仕掛ける、という攻撃が出来ていたように感じたし、それがこの試合の勝因だったんじゃないかなと思った。
20160124board1
20160124pitch1
20160124end1

|

« トップリーグ順位決定トーナメント13位決定戦リコー対コカ・コーラ | トップページ | トップリーグ決勝パナソニック対東芝 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63143824

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ順位決定トーナメント3位決定戦ヤマハ対神戸製鋼:

« トップリーグ順位決定トーナメント13位決定戦リコー対コカ・コーラ | トップページ | トップリーグ決勝パナソニック対東芝 »