« J1リーグ1stステージ第3節川崎対名古屋 | トップページ | J1リーグ1stステージ第4節名古屋対仙台 »

オープン戦 ヤクルト対広島(3/15)

2016.3.15 (火) 13時 神宮球場
C 030100040 8
S 000010000 1
[敗]館山、[勝]福井
[H]C:新井(ペレス)

今年初の神宮球場での観戦。
耐震補強工事のため外野席は閉鎖だったけど、それほどパンパンでもなかったのは、平日のデーゲームだからだろう。今年の神宮は休日のオープン戦がないんだけど、そういう理由なんだろう。

スコアボードに新しいスポンサーが入っていたり、ピッチャーの球数が出るようになったり、チャンピオンフラッグが翻っていたり、小さい変化はいろいろと。

先発は館山と福井。
館山の立ち上がりが悪いのは毎度のことだから、それほど意外でもなかったけど、今日は球速は出ないし、制球も悪すぎた。それでも2回の2死1-2塁を一旦は(^^;)無失点で切り抜けた時は、これで落ち着くかなと思ったんだが、広島のアピールでのビデオ判定で覆った。レフト前ヒットで二走の松山が本塁に突っ込み、レフトからのバックホームでクロスプレーになり、球審はアウト宣告したが、中村がホームに突入する松山の前を、ボールを持たない状態で遮ったのを、今年からのルールで走塁妨害を取られたということだったらしい。まあ、ボールを持たない、というか、受けたボールをファンブルしたのを抑えに行ってのことなんで、意識的なものではなかったんだけど。俺は現地では、ファンブルしたのは見えていたから、うまくボールを掴んでない状態でタッチに行ったのかなと思っていた。ブロックも少し疑ったけど、その後の審判の場内アナウンスのジャッジ変更の説明で、その手のことは何も言わなかったから、違うんだろうと思ってた。今年からのルールなんだから、その辺はちゃんと説明して欲しかったな。

これで1点入り、さらにツーベースでもう2点。4回にも四球連発で押し出して1失点して、館山はこの回で降りた。しかし、この内容で4点しか失ってないのは、さすがという気もしたけど。
その後は、5回の竹下が悪い内容ながらも、広島の拙攻に助けられ無失点。6回徳山、7回杉浦は悪くなかったが、8回の新加入のペレスが炎上。新井にホームを打たれた後、四球でランナーを溜めて、走者一掃のタイムリーを食らった。
9回のルーキは、2月に見た時はダメだったが、今日は悪くなかった。まあ、ルーキとペレスとどっちを使う?という所なんだろうな>外国人枠。
しかし、まあ、11四死球は多過ぎだわ。内訳は館山6、竹下2、杉浦1、ペレス2。

打つ方は福井相手に苦戦。福井は、それほど安定感してたとも見えなかったんだが、4回まで出塁は森岡のツーベース1本のみ。5回に福井に疲れが見えて、球がばらつきだした所で、森岡、今浪、ヒロヤスの3安打で1点返したが、それだけ。福井が降板した7回以降は、オスカル、ジャクソン、今村に完封された。ハタケやバレンティンがいないせいもあるかもしれないけど、まるで迫力がなかった。オープン戦でも大量点で勝ってる試合もあるから、決して打線が全然ダメというわけでもないと思うんだが、俺が見た試合は(上も下も)貧打ばかりだな。
20160315kyujo
20160315kanban
20160315kyusoku
20160315board

|

« J1リーグ1stステージ第3節川崎対名古屋 | トップページ | J1リーグ1stステージ第4節名古屋対仙台 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63355733

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対広島(3/15):

« J1リーグ1stステージ第3節川崎対名古屋 | トップページ | J1リーグ1stステージ第4節名古屋対仙台 »