« ナビスコ杯予選L第1節大宮対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節名古屋対湘南 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/27)

2016.3.27 (日) 13時 ロッテ浦和
S 101002010 4
M 100200000 3
[勝]岩橋、[S]松岡、[敗]イ・デウン

先発はロッテがイ・デウン、うちは由規で、どっちも不安定な立ち上がり。1回表にヤクルトが山崎のヒットを飯原がタイムリーで返して先制したが、その裏のロッテは、加藤のヒットを犠打で送った後、由規の暴投と、香月の一ゴロを武内が本塁へ送球したが、キャッチャー山川がタッチが出来なかったらしく、セーフになる野選で、同点。2回も双方が満塁のチャンスを作るが、どちらも無得点。由規はここまでで降板。球威はあるように見えるが、2回裏には3連続四球で満塁を作ったり、まるで安定感の感じられないピッチングだった。
3回表、廣岡がタイムリーを打って1点勝ち越したが、3回裏から登板した田川が、4回にヒット3本と犠飛で2失点し逆転された。もっとも、タイムリーはセカンドベースに打球が当たって跳ねてヒットになったものだし、若干アンラッキーな失点だったとは思う。
イ・デウンも一向に安定しなかったので、ヤクルトは毎回のようにチャンスを作るものの、うまく加点出来ずにいたが、6回に三輪がヒットで出て盗塁。山崎のタイムリーで還って同点。山崎も、盗塁とボークで三塁まで進み、暴投で還ってまた逆転。
7回以降、ロッテは田中、宮崎、高野と継投。どのピッチャーも崩せそうなのに、タイムリー欠乏症で、崩し切れない。それでも、ヤクルトも、田川の後を受けた岩橋、寺田が、まずまずのピッチング。特に寺田は良かった。1点リードのまま、9回裏に松岡が登板。しかし松岡は四球2つで1死1-2塁とする。内野ゴロで2死2-3塁になった所で、加藤を敬遠して満塁策。正直、イースタンで、そこまで勝ちにこだわってどうするの、という感じだったが、とにかく次打者の大木を打ち取って逃げ切った。

武内や松井淳がきっちりタイムリーを打ててれば、もっと簡単に勝ててたし、最後の満塁策もどうかと思ったが、まあ、勝ったこと自体はよかった。今年6試合目で、ヤクルトが勝つのを初めて見たことでもあるし。

ロッテ浦和は場内アナウンスの人が変わったらしく、去年までに比べて、劇的に聞き取りやすくなっていたのが良かった(^^;。
20160327kyujo
20160327end
20160327board

|

« ナビスコ杯予選L第1節大宮対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節名古屋対湘南 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63413668

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/27):

« ナビスコ杯予選L第1節大宮対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節名古屋対湘南 »