« 春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/6) | トップページ | イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(3/12) »

J1リーグ1stステージ第2節名古屋対広島

2016.3.6(日) 15時 豊田スタジアム
観客 27061人 主審 福島孝一郎 副審 五十嵐泰之、堀越雅弘

 名古屋グランパス 1(1−1)1 サンフレッチェ広島
           (0-0)

 得点 17分 名古屋・シモビッチ
    43分 広島・佐藤

ホーム開幕だったが、現地には行かず、試合当日に時間遅れで、結果を知らずにスカパーオンデマンドで中継を見た。

広島が不調らしいとはいえ、勝てるとは思ってなかったし、序盤から押されてるのを見て、そうだろうなあ、とは思っていたけど、新戦力の選手たちの奮闘は目立ってたと思うし、イ・スンヒのスライディングでのボール奪取から、古林の右サイドからのクロスでシモビッチが先制点を蹴り込んだ時は、すごく興奮した。流れるような速攻で格好よかった。その余韻が残ってる間に追加点が取れてれば(枠近くに飛んだイ・スンヒのミドルとか)、違う結果もありえたのかな。でもあっさり広島優位の試合展開に戻ってしまったし、何度か危ない場面をしのいだけど、前半終了間際にミキッチをフリーにして、そこから決められて同点。

後半の名古屋は、永井が何度か単身切り込んだ以外は(でも、その一つはGKと一対一の決定的場面だったけど。あっさり止められちゃったが)、ほとんど見所はなかった気がする。
前半から、つまらない形でのボールロストが多すぎたし、その対処でずっと走り回っていたから、そりゃあ疲れるわ。後半の半ば以降は、めっきり動きが悪くなって、とても期待できる雰囲気ではなくなっていたように見えた。
それでも1対1で済んだのは、やっぱり広島は不調だったということなんだろうね(^^;)

前節の印象も含めて、まだチームが出来てないように見えるとはいえ、新加入の選手たちは、ひとりひとりではよくやってるように見えるし(今年は安田のユニでも買っちゃおうかと思うくらいだ(^^;))、問題なのは去年からいる選手たちの方だと思う。特に田口がどうも…。まあ、ボランチの相方のイ・スンヒとの呼吸も、まだ掴めてないんだろうけど。
あと、控えが極端に薄く見えるのが気がかり。故障者や出場停止が出た瞬間に、チーム構想が崩壊しかねないんでは。
この試合での広島を相手にした勝ち点1は、十分な結果だとは思うけど、やっぱり先々は不安だわ。
(2016.3.9)

|

« 春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/6) | トップページ | イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(3/12) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63337267

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第2節名古屋対広島:

« 春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/6) | トップページ | イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(3/12) »