« イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(3/12) | トップページ | オープン戦 ヤクルト対広島(3/15) »

J1リーグ1stステージ第3節川崎対名古屋

2016.3.12(土) 19時 等々力陸上競技場
観客 16513人 主審 村上伸次 副審 唐紙学志、平間亮

 川崎フロンターレ 3(1−1)2 名古屋グランパス
           (2-1)

 得点 6分 川崎・エウシーニョ
    26分 名古屋・松田
    63分 名古屋・永井
    75分 川崎・大久保
    84分 川崎・中村

現地観戦。

惨敗を覚悟してたのに、一時、夢を見せられたもんで、よくやった部類と思いつつ、すげえ悔しい負け試合。

開始6分で失点して、その後も川崎のパス回しに翻弄されてるような感じだったから、虐殺かなと思ってたんだけど、何とかしのいでいるうちに、26分にワンチャンスで松田力がゴールを陥れて同点。古林?のクロスとシモビッチのポストが噛み合った見事なゴール。今年の名古屋のゴールは、今んとこ、どれも華々しい(^^;)
それでも前半は総じて押され放しだったから、同点で折り返してほっとしたというよりは、後半も気は抜けないぞ、という感じ。

でも後半の名古屋は、結構五分に近いレベルで戦えていた気がした。前半は守備での貢献が高いように見えていた永井が前目で勝負できる時間が長くなり、18分に高速ドリブルからの素晴らしいシュートで逆転。この凄いゴールを決勝点にして勝ちたかったな。ビジター席総立ちみたいなゴールだった。
その後の川崎の厳しい攻撃は、何とか凌ぎ続けていたんだけど、30分にCKの速いリスタートから大久保に押し込まれて同点。39分には、川崎のスローインのタイミングで、イ・スンヒを明神に代えたが、そこで隙が出来たんだろうか、憲剛にミドルを打ち込まれで逆転。
終盤、川崎ゴール前で何度も決定的な場面を作ったが、押し込み切れずに結局敗戦。

2対2の時点で、35分頃に、永井がゴール前の混戦から押し込む幻の決勝ゴールてのもあり(オフサイド?でノーゴール)、この時もボールがゴールに入った瞬間は、ビジター席総立ちだった。他にも決定的な場面はあったし、事前の予想と全然違って、そういう際どい試合だったから、本当に悔しいわ。
とはいえ、今年の名古屋は実は強い?、とも言い難いように思えるのも微妙な所で…(^^;)。いろんな部分に怪しげな部分は見えるんだよなあ、やっぱり。

でも、これで次の仙台戦は絶対勝たんといかんことになっただろうね。
20160312tdrk
20160312board2
20160312pitch1
20160312pitch2
20160312end
20160312senshu

|

« イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(3/12) | トップページ | オープン戦 ヤクルト対広島(3/15) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63337227

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第3節川崎対名古屋:

« イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(3/12) | トップページ | オープン戦 ヤクルト対広島(3/15) »